車中泊とソロキャンプ!便利な道具の選び方

ますます人気が高まっている車中泊です。車中泊とソロキャンプを組み合わせてオートキャンプ場を利用すれば楽しみはさらに広がります。

これは便利で、すぐに設営が出来て楽です。是非おためし下さい!

キャンプのサイト設計

テントとタープ、イス・テーブル、焚火台などを組み合わせてサイトを設計します。

日が昇る方向や風向きを見てテントやタープの配置を考えます。風上にはテントの入口を向けると風を巻き込んで危険です。

これがサイト設計で、何度か失敗を繰り返すと上手になり、見ただけで判断ができるようになります。

オートキャンプ場のメリット

100V電源が使える。

家庭用の100V電源が使える所が一般的です。テント内に延長コードで電気を引いて、持ち込んだテレビや電気毛布、ポータブル冷蔵庫などを使う場合もあります。電気容量には気を付けましょう。

サイト利用料金への追加料金が発生する場合もありますので、事前にキャンプ場の情報を確認しておきましょう。

車をサイト(区画)に直接横付けできるため、いろいろメリットが出て来ます。

荷物を車からサイトまで運ばなくても良い

車に積んだキャンプ用具が意外と多く重いのです。離れているとリヤカーを借りてそこに積んで数往復しなければならずとても疲れます。

車を横付けできると、この作業が無くなり直接サイトの横でテントやタープ、その他のキャンプ道具の積み下ろしが出来て大変楽になります。

突然の雨や雷でも車に退避できる

雨が降ってきた時などはさらに楽になります。

キャンプ場は山間地帯や自然の多い場所にあることが多いので、特に夏場や春先には突然の雨や雷雨、雷が近づいてくることがあります。

こんな時にすぐに車に退避できるというメリットがあります。

キャンプ道具は、取り合えずタープの下にまとめて、人は車に逃げ込むというスタイルです。

雷は大変危険ですが、車は落雷しても安全なため重要なシェルターとして使えるのです。おおきなメリットです。

寝る時だけ車中泊

キャンプではテントを張って寝ると、大自然の中に包まれた気持ち良さを感じる事ができます。

テントはもとより、横付けされた車中泊仕様の車があればさらに便利に使えます。食事やBBQは外のタープの下で楽しみ、夜寝るときは車の中で車中泊スタイルで就寝するのです。

こんな使い方は、テントを張る時間が不要で、簡単にキャンプ仕様に設定ができるので楽です。特に早めに設定・撤収が必要な時は便利です。

オートキャンプでソロキャンプの仕方

車中泊の人気と同じくらい人気のあるのがソロキャンプです。一人でゆっくりと楽しむキャンプスタイルです。なんとも言えない魅力があり、近年倍増しています。

ソロキャンプで使える道具の紹介

ここでは、代表的なグッズである「テント」、「タープ」、「焚火台」、「便利なグッズ」を紹介いたします。まずは、一つずつ説明したいと思います。


ソロ用のテント

ソロ用テントは、通常のファミリー用テントとは違います。ファミリー用大型テントは、4~5人が立って入れて中に簡易ベッドを置いたりリビング的な空間も設定できのです。

ソロキャンプでは利用が1人なの大きなテントは設置や撤退で手間がかかり逆使いにくくなります。簡単に設定できるソロ用のテントを使います。


気軽に使えるリーズナブルなテント 5,000円台~

一人で数分で設置できるコンパクトな作りの1人~4人用のテントは、とても使い勝手が良く一つ用して置けば、一味違った夜が体験できます。

アウトドアを簡単に楽しめる5,000円前後のリーズナブルなテントがあります。

5000円前後ですから山岳テントの様な耐久性や防水性は望めませんが、激しい雨や風雨でなければ十分に使えます。

例として以下テントを紹介します。本格的な2万円を超えるテントまでの範囲で選びました。

テント 1人用 (参考)

コストパフォーマンスに優れたテントです。大きさは軽バンの後部荷物室とほぼ同じサイズですから1人では十分なスペースが確保できます。サイズ(約):W200xD110xH110cm 重 量(約)/2.3kg


本格的なキャンプ用テント 10,000円~

1万円を超えるテントです。5000円クラスに比べて風や風雨への耐久性があり強くなっています。

このクラスになると、バイクや車中泊で本格的にテントを使う方には使い勝手が良いでしょう。

テント 1人~2人用

ツーリング用で定番の1人~2人用テントです。雨では前室が使えて便利。1人でも設営しやすいポールポケット式。1人はゆとりです。

サイズ:W210×D120×H100 重量(約)4.4kg


暑さ対策に効果的なタープ

夏は直射日光が強くテントや車中泊用車だけでは厳しいです。そこで日陰を作るために必要なのがタープです。

これがあると強烈な太陽の光をやわらげて涼しい空間を作ることが出来ます。

また、思いがけない雨や夜露から道具や荷物をまもります。隣との感覚が近いサイトでは、タープが目隠し代わりとなりプライバシーを確保するにも便利です。

春先や夏の山間部にあるオートキャンプ場では、よくある事ですが急な雨が降ります。そんな時には荷物や道具の緊急避難場所としてもたすかります。

1人~2人用のコンパクトタープ

2人用のコンパクトなミニタープです。一人のソロキャンプでは十分な広さがあります。オートキャンプでは、真夏の日差しから日陰を造ったり、荷物を突然の雨や夜露から守ります。


キャンプ場だから「たき火台」が使える

車の外で楽しめるオートキャンプでは、やはりたき火派楽しみの一つです。

煙の出るサンマ、焼き肉、BBQ 料理が遠慮なくできます。炭やまきで焼くと、一味違った本格的な焼き肉を味わうことができます。

夜空を見ながらたき火の周りでゆっくり過ごし、普段味わえない非日常をたっぷりと楽しむことができます。

通常キャンプでは芝生や草の保護のため、直火は禁止されています。直火とは、直接地面で火を焚くことを言います。

折りたためるものがいろいろ製品化されています。

使用後は、キャンプ場に燃えカスを廃棄する場所が用意されていますので、必ずそこに捨てましょう。たまに面倒になり側溝や茂みに捨てる方がいます。

残り火等で火災になることもありとても危険な行為なのでやらないようにしましょう。

たき火台を使って4年目になります。ステンレスでタフなのでガンガン使っています。炭でもマキでも使えるので、場に応じて使い分けができます。

たき火台 4~5人用

4人で十分囲んで使えます。BBQや焼き肉、お湯を沸かすなど便利です。価格もリーズナブルでキャンプでは良く使われていまし。


あると非常時用にも使えるポットです。

Kelly Kettle スカウト アルミ 1.2L

100年以上の歴史を持つ アイルランド生まれのアウトドア用 やかんです。落ちている小枝や松ぼっくりだけでお湯が沸く燃焼効率の良いポットです。1つ備えて置けば、非常時にも活躍します。下の受け皿は、ミニ焚火台にも使えます。

ケリーケトル 小枝を拾って燃料にします。1.2Lのお湯がわかせます。

4年間使っています。特に子供と一緒にお湯を沸かしたりたき火をしたりとアウトドアを楽しめます。

まとめ

車旅・車中泊をさらに楽しませてくれるグッズ。ソロキャンプと組み合わせることで車中泊の思い出も広がります。

ソロキャンプは、一人自由な時間を気ままに過ごすことができます。少し大きめのテントとタープでゆったりと過ごしたり、たき火を前に野営するのも男の一人旅の醍醐味です。

寝るのは車中泊、BBQはタープをはって外で楽しむ。そんな使い方も可能です。使い方次第でいろんな楽しみ方ができます。ここには、経験から選んだグッズを紹介しました。お使いいただければと思います。


関連記事「車中泊用グッズの紹介」は >>>こちら

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です