軽バン車中泊用に【便利な玄関】かんたんに作る方法

軽バンのスライドドアからの出入りで、玄関があればくつを脱がずに出入り出来て便利です。かんたんな作り方を説明します。

軽バンに玄関を作る理由

フルフラットな床の場合、床から車外に出る時が意外と不便です。

その時の動作は、出る時にスライドドアを開け、床から靴を道路に投げおろして履きます。出たらスライドドアを閉めます。

地面に落とした靴がひっくりかえる!

靴を車内から道路に落とすと、必ずひっくり返ってしまいます。裸足で降りてから靴を履くという、なやましい問題が発生しました。

靴をはいたまま、車内の床に出入りしたい。

そこで、車内の床で靴を履いてから出ることが出来れは楽だと考えました。

また、入る時は靴をはいたままサッと車内の床に入ることが出来れば、外に脱いだ靴をかがんで取ったりしなくて済みます。

この動作を素早くできれは、ドアの開閉時間も短時間で済みます。

素早くできれば大きく開いたドアから、車中泊で散乱した車内を他人に見られることもありません。

特に雨の日や隣に車が駐車している時など、床にスムースに出入りが可能になります。

なので、靴を履いたまま床の上に、素早く出入りが出来る土間が欲しかったのです。

アイデアが湧いた。出入りの動作から思いつく。

小さな木箱をつくりました。中にはトレーが収納出来て靴が入ります。

土間の構造
玄関の構造

出る時は、床に置いたこの木箱に座り下から靴を置いたトレーを出し、床に置いたトレーの上で靴を履き、そのまま外にでます。

トレーはそのままです。

靴を車内で履いたり脱いだりできるトレー
靴を車内で履いたり脱いだりできるトレー

入る時は、靴をはいたまま木箱に座り、足は床に置いたトレーに乗せドアを閉めます。

それからゆっくり靴を脱いで靴はそのままトレーに置き、木箱の下に収納します。

出入りに必要なスペース

玄関のスペースは100均のトレーのスペースだけです。

この位あれば、玄関は十分です。

土間の木箱と靴のトレー
玄関の木箱と靴のトレー

サンダルの収納にもなる。

木箱に靴のトレーを収納する
木箱にサンダルのトレーを収納する

サンダルは便利で、それが収納できるのでとても効率的です。

木箱はフルフラットな後部座席にいるときは、コンロを使う時の台となり、物を置く台にもなります。

木箱(土間)をテーブルに活用した例
見えにくいですが、木箱の上でうどんを作っています。

靴は木箱のトレーに収納するので、汚いような感じはありません。実際に14日間やってみましたがとても便利でした。

■カー炊飯器があると便利 >>> 炊飯器とポータブル電源

まとめ

一度この玄関をつくって試してみました。予想通り、隣にぴったり駐車されたときや雨で早く乗降りしたい時ほど便利でした。

軽バンに玄関を作る方法を説明しました。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です