国内【男一人旅】持ち物リストと準備方法

こんにちは!一人旅を楽しんでいるtabito(旅人)です。

このサイトに来られたのは、
一人旅のことでお悩みだったのではないでしょうか?

国内旅行とは言え、初めて一人で旅をするのは心配がありますよね。

一人旅の不安や、そもそも男の一人って楽しいのか、もし行くとすればどんな持ち物がいるのか。様々な不安があると思います。

そこで国内の男一人旅のポイントを3つに分けました。

  • その①:一人旅って不安はないの?
  • その②:一人旅は楽しいの?
  • その③:一人旅の持ち物はなにがいるの?

ここで紹介するのは「アウトドア系」の男一人旅です。
参考になればうれしいです。

その①:一人旅って不安はないの?

結論から言うと、実際に一人で旅に出てしまえば不安は飛んでしまします。「案ずるより産むが易し」です。

おとなの旅なので国内だから、ほとんどは何とかなってしまいます。

ただ、準備だけはしっかりとしておきましょう。

その②:一人旅は楽しいの?

もちろんです!
これほどのめり込める旅はありませんよ。

なにしろ自由でだれにもじゃまされない解放感があります。

それから、まだ見たことのない場所へ旅するワクワク感があります。

その③:一人旅の持ち物はなにがいるの?

バック1つとお金があれば十分です。

自分はミニマリストではないけど最低限の使うものだけを
もって旅行に出ることが多いのです。

お腹がすくとなんでも美味しく感じるように
ミニマリスト的な旅行も同じです。

着の身着のままのスタイルは
ミニマリスト的な生き方の原点にあるかもしれません。

ここからは参考にしてあなたのスタイルを
自由にコーディネイトしてくださいね。

以下の事例は、実際にわたしが使っていたものです。

日数別の持ち物リスト

アウトドア系の男一人旅です。持ち物は簡単で基本4点です。

それ以外は、時々で調整します。

基本4点

【持ちものリスト】基本4点
・財布
・スマホ・充電器
・保険証
・デイパック

基本4点をもとに随時調整しています。
以下は日数や目的別に調整した持ち物リストです。

■1泊用「普通の旅」デイ・パック20L-30L

Karrimorの20Lデイ・パックを小旅行で使っています。

ちょっと価格が高いですがしっかりしていて雨にも負けず頑張っています。

1,2泊1人旅には20Lほどのデイ・パックが丁度良いのです。

持ち物
20Lと使います。旅行バージョン グッズはこれだけで十分

【追加持ち物リスト】
・ウインドフレーカー
・KINDLE
・折り畳み水筒
・タブレット
・ペン・メモ帳
・クッカー、ナイフ、ハサミ、コップ
・バーナー、ガス缶
・カメラ
・ラジオ
・折り畳みマット
・テント(一人用)、イス
・シュラフ

サイドには、ペットボトルやミニ・チェアなど収納。

内部には防水ポケットがあり、大切な書類はそこに入れます。

ミニマリストにはシンプルさも重要。
ポケットが多ければ多いほど使いません。

ポケットが無い方が自由度が高いです。

■2泊~「自炊可能」デイ・パック30L

ちょっと頑張ったミニマリスト的なウルトラライト。

デジタル関連は、スマホとミラーレスカメラだけ。テントは無く、マットを敷いて寝ます。

車中泊でもこのバージョンです。

ソロキャンプ用グッズ
30Lを使います。電車でちょこっとソロキャンプ

【追加持ち物リスト】
・ウインドフレーカー
・KINDLE
・折り畳み水筒
・タブレット
・ペン・メモ帳
・クッカー、ナイフ、ハサミ、コップ
・バーナー、ガス缶
・カメラ
・ラジオ
・折り畳みマット
・テント(一人用)、イス
・シュラフ

■3泊~「テント」ソロキャンプ

小型テント・シュラフを入れますが、30Lのデイ・パックで十分です。

一人旅のソロキャンプバージョンです。

これだけで暮らせます!

3泊~4泊程度のテントキャンプの旅行用

【追加持ち物リスト】
・ウインドフレーカー
・KINDLE
・折り畳み水筒
・タブレット
・ペン・メモ帳
・クッカー、ナイフ、ハサミ、コップ
・バーナー、ガス缶
・カメラ
・ラジオ
・折り畳みマット
・テント(一人用)、イス
・シュラフ

■もしあれば便利な持ち物

kindleのリーダー

これが1つあればどこでも好きな本が読めます。

現在350冊の本が入ってます。ミニマリスト的に350冊が入るギアは最高に便利です。図書館を手にもって外に出かけるのですから。

kindle 電子書籍

■kindleの旅のレビュー>>>こちら

ナルゲンのボトル

どんな使い方でもできるボトルで熱湯もOK。

旅行の宿泊先で水やジュースを入れて冷蔵庫で冷凍することもできます。いざとなれば、お湯があればラーメンやうどんもこれで食べる事ができます。

絶対に液漏れがしない構造で踏んでも割れません。

ナルゲンボトル
ナルゲンのボトル

ウィンドブレーカー

ウインドブレーカーは、カサの代わりや防寒にも使えるのです。
旅行先での利用範囲は広く風から体温の低下を防ぐので暖かく感じます。虫よけにもなります。
ブヨ等の虫除けの記事>>>こちら

まとめ

必要なものだけをデイパックに詰めて旅に出かけましょう。

■参考:男一人旅の関連記事(アウトドア一人旅)

>>>憧れの軽バンで男一人旅を目指す

>>>車中泊で満喫「一人旅の魅力」を紹介!

>>>「一人旅」は、大きな決断の時に効果がある

>>>「一人旅」海をみて飲む!

>>>一人旅を遊ぶ「快適グッズ」おすすめの5点!

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です