軽バンの車中泊で「夜の照明」を確保する3つの方法

軽バン車中泊改造
この記事は約3分で読めます。

車中泊の旅では必ず夜の照明が必要になります。

「車中泊の室内を明るくするにはどんな方法があるのでしょうか?」

「どの程度の明るさが快適なのでしょうか?」

実際に車中泊をして学んだ「夜の照明」について紹介します。

スポンサーリンク

車中泊の室内照明は3つの方法

照明の目的は、夜の室内を明るくすることと、簡単にオンオフができることです。

さらに、一晩中明かりをつけることも想定するので、長持ちするバッテリーも必要ですね。

3つの方法は次の通りです。

  1. 電池のランタンを使う方法
  2. LEDランプを室内に取付ける方法
  3. ヘッドランプを使う方法
スポンサーリンク

電池のランタンを使う方法

一番簡単な方法は、キャンプ用の電池のランタンを使うことです。

小型ランタンを天井から吊るす方法
小型ランタンを天井から吊るす方法

車内がまんべんなく明るくなります。

しかし、注意点があります。

ランタンは明るすぎないことが大切です。

キャンプ用のランタンは各種大きさがあり、その中でも小型のランタンを使うことです。

さらに、ランタンの照明ランプ部分のカバーを外して、天井から吊るすと山小屋のようになり、リラックスできて気分がよくなります。

参考記事 車中泊で『LEDランタンがまぶしい!』ときの解決方法

LEDランプを室内に取付ける方法

ソーラー発電とバッテリ-(青のクーラーボックス)
ソーラー発電とバッテリ-(青のクーラーボックス)

LEDランプを車内に固定して取り付ける方法です。

この方法では、大きなバッテリーを使う機会が多い時に便利です。

リチュウムイオンバッテリーやソーラーバッテリーがあります。

すこしシステムにお金がかかりますが、電池の心配がなく一晩中、安心して電気と照明が使えるのがメリットです。

日本を縦断したり、遠出する時にはこの方法をとると、スマホやカメラの充電もできるので便利です。

参考記事 車にソーラーパネルを取付て車中泊時に電気を使う方法

ヘッドランプを使う方法

釣り用のLEDヘッドランプを使う方法です。

夜釣りで頭にセットして使うヘッドランプです。ヘッドランプは、そのまま使うと一方向しか明るくならないので、ヘッドランプをティッシュペーパーで包んで使います。

すると、ほんのりと車内が明るくなり、ムード抜群の明かりになります。

車中泊ばかりではなく、キャンプでもテントの中で使うと最高です。

テントの中でヘッドランプを使っている様子
テントの中でヘッドランプを使っている様子

ヘッドランプを使うメリットは、場所をとらないことと、そのまま夜の道の駅のトイレに行けることです。夜の駐車場は暗いことが多く、地方のトイレは暗いのでヘッドランプが役に立ちます。

興味があるようでしたら、ソロキャンプと車中泊をミックスした遊びがあります。

参考に、記事をリンクしておきますのでご覧ください。

ソロキャンプがそのまま車中泊になるので、両方に使えて便利です。

参考記事 車中泊とソロキャンプ!便利な道具の選び方

おわりに

車中泊では明るすぎない照明が、旅の気分を盛り上げてくれます。

ほんのりと明るい車内から、夜の景色を見ながらの一杯は、車中泊ならではの贅沢ですね。

【ランタンのおすすめ記事】

車中泊用「LEDランタン」おすすめの5種類と長持ち日本製アルカリ乾電池

タイトルとURLをコピーしました