車中泊はレトロな軽バン3速ATの魅力

大きなエンジンを積んだ車中泊用の車はゆとりがあり、いいな~と思うのです。

レトロで小さな軽バンでの旅は、また別の魅力があります。

ターボも無く貨物車という乗り心地のすこぶる良くない中古の軽バン。

どこか男の一人旅にぴったりの相棒という「安堵感」をもっています。

軽バンは貨物車だからシンプルなつくり

これほどシンプルな車はありません。

ラジオはAMだけです。窓はハンドルを回してガラスを開けたり閉めたりします。

室内ライトは、豆電球がフロントガラスの上と、荷物室に1つずつ。

車内は金属がむき出しのままで、遮音や断熱などの対策も最低限なのです。

快適さを極限まで削ぎ落したのが「軽バン」の車体です。

軽バンで珍しい3速ATという中古

いまどき3速ATというミッションはあまり見かけないのではないでしょうか。

Dと2とL、そしてRがあるだけです。

もちろんターボではないので、シンプルな660㏄の3気筒エンジンが乗っているだけの車です。

こんなちっぽけなエンジンだけで、いろんなところへ連れて行ってくれます。

一応、クーラーはついています。

1速で30㎞/h、2速で60㎞/h、3速で120㎞/hとギアの守備範囲はひろいです。

エンジンの回転数は極限まで吹き上がるので、壊れないかと思うくらい音がします。

でもシンプルなエンジンは頑丈で壊れません。

丈夫で壊れないタフな車体

商用車だから、トラックです。タイヤもトラック用の鉄の頑丈なホイールとトラック用のタイヤがついています。

ボディーは貨物車なので、傷だらけです。

洗車をしなくても何年も大丈夫なように車体にはコーティングがしてある中古車です。

84,000kmでタイミングベルトを交換して、その後、パワーステアリグを交換しました。

それ以外は、きずはあるものの頑丈で頑張っています。

エンジンのうるさと振動が心地よい

3速ATのミッションだからエンジンがフル回転状態になる高速では、ラジオや話し声は聞こえなくなります。

下道では60㎞程度で走るので音の問題はそんなに感じません。

逆に、エンジンの回転する音と振動が心地よく感じるのです。

まるで心臓が鼓動しているような、生きているようで軽バンは頑張るのです。

そして、どこへでも連れて行ってくれるので、レトロな中古の軽バンが大好きです。

おわりに

車中泊で軽バンは相棒です。

日本中のいろんなところへ運んでくれるのです。

シンプルで走るだけで、飾り気のない車体は、旅の邪魔をせずに自分を運んでくれます。