車中泊用の「洗濯機で洗えるシュラフ」がおすすめの理由

車中泊の回数が多くなるとシュラフも汚れてきます。

シュラフで高級なダウンはクリーニングが
高くつくのと
自宅の洗濯機で洗えないのです。

そこでラフに扱っても問題がなく
洗濯機で洗えてリーズナブルな
化学繊維のシュラフを3年間使ってみての
紹介をします。

化学繊維のシュラフは安い

ダウンのシュラフは軽くてコンパクトになり
温かいのが特徴なので
私も愛用しています。3万円近くします。

一方、7000円程度で買える化学繊維のシュラフを
3つ持っています。

化学繊維のシュラフは羽毛の様にコンパクトには
ならず収納が大きくなります。

そして重いのが特徴です。

最大の利点は
洗濯機でザブザブと洗えて
乾くのがとても速いのです。

化学繊維のシュラフの寝心地

化学繊維のシュラフ

化学繊維の断熱材がふんだんに入っているので
温かいのは羽毛と大差はありません。

車中泊では車の中にシュラフを置いておくので
大きくても問題はありません。

わたしが使っているのは5年前にAmazonで買った
5000円台のシュラフです。長持ちしています。
(2020年2月現在8,000近くします)

マミー型ですが
足元が広いので寝返りができて
中が広いのです。

頭まですっぽりとはいるので
冷気が入りませんから
自分の体温でどんどん暖かくなり
ヌクヌクと過ごせます。

洗濯は半年ごとにしています。

洗濯は半年ごとにします。

洗濯をするとスッキリとして
寝心地もサラサラとして気持ちが良くなります。

大きいので洗濯機にはシュラフだけ入れて
洗います。

羽毛と比べると大きさはこんなにも違いますが
温かさはかわりません。
羽毛はモンベルダウンハガー800#3(3万円弱)です。

化学繊維は乾燥も早く
転機が良ければ半日で完璧です。

零下では毛布を掛ける

外気温が零下になるときは
毛布をシュラフの上から1枚かけると
さらに暖かく寝ることができます。

使っているシュラフ

Amazonで買ったシュラフです。
リンクをはっておきます。

Snugpak(スナグパック) 寝袋
マリナー マミー ライトハンド オリーブ 3シーズン対応
丸洗い可能 快適使用温度-2度

おわりに

車中泊ではよく眠れるグッズを選びましょう。

シュラフは最低でも5000円クラス以上であれば
使えます。

3000円程度のシュラフもありますが
寒い時は無理なので
夏に使っています。

tabito(旅人)