便利なグッズが無い「車中泊の旅」には思い出が詰まっている。

車中泊の旅を重ねると、便利なグッズから遠ざかるものです。

シンプルで自分が本当に好きな道具をもって出かかるのです。

便利なグッズがあればあるほど、物に支配された車中泊になってしまうのです。究極は最低限のグッズがあればいいのだと感じます。

これでも相当シンプルな車中泊の軽バンです。

車中泊用の軽バンを作っては壊しながら旅を繰り返してきました。

車検のついでに、ぜんぶ取り払ってみたのです。

すると、理由はありませんが、身軽でスッキリした気分でなのです。

このままの方が、快適だ・・・

最後の快適な車内は、ガラ~とした空間です。

これが外す前の写真です。

天井の棚を外す。

スッピンの軽バンになっていきます。

結局、天井に作った棚も最初は使いましたが、殆ど自己満足の飾り物でした。

なので、外してみました。

スッキリとして、天井も高くなり、のびのびします。

デコボコするところは段ボールで何ら問題なしなのです。結構暖かく、ソフトです。

ここに寝袋とマットで寝るのです。風通しが良くなりました。

もう汚れてもお構いなしです。がんがん使いましょう!

軽バンには、シュラフとクーラーボックスを積んでいます。

夜は暗くなったら眠るのです。

灯りが無いと、山々や海の音が聞こえて来ます。よるの山々や空が見えてくるのです。

なんだ、なにもない軽バンではないか!

いろいろ便利グッズを詰め込むのが、最初から好きだは無かったのですが、さらにシンプルになりました。

理想はこんな旅なのです。

出典:サーマレストTwitterより

まだ、軽バンは文明の香りが抜けきらないかも知れませんね~

要らないものを外す

大自然の中で、体を休ませるのは、自然の中に身を置く事です。

キャンプで初めて地面の上に寝た時の感動は、今でも覚えています。

地面が、背中にあるのです。地面からエネルギーを貰う感じなのです。

スッキリした車中泊「軽バン」は、自由があふれている

この自然の中で眠ると、元気が出てきます。

だんだんシンプルな車中泊になっていくのです。

年を重ねると、だんだん本物が欲しくなってきます。

グッズ一つでも、使いこなしたバーナーやランタン、ナイフなど数点が残ります。

それだけをつめて車中泊に出るのです。

物がないから、物の心配はないのです。しまったり、出したり、洗ったり、こまごまとした作業が要らなくなってきます。

その分、自分と自然のために時間を使えるのが心地よくなってきます。

tabito(旅人)