車中泊の一人旅【未知への道】年齢を超えて!

車中泊での車旅は、何歳になってもワクワクするものです。それは、小さいころの朝、釣りに行く時と同じ感覚がいまでも潜んでいるのです。

いくつになっても、未知の世界があります。

64年間って長いのか、短いのかは、わかりません。宇宙時間からすると、ほんの一瞬で通り過ぎる時間。

しかし、歩いてきた道を振り返ると、結構歩いてきたな~ と思うのです。

どれだけ走っても、まだ見たことの無い道があります。

車が好きで、どれだけ走って来ただろうか。走ってきた道のデコボコまで記憶に残っているのです。

軽バンが、連れて行ってくれる未知の道

こんな小さなエンジンとペアペラのボディーなのですが、ちゃんと走るのです。遠く九州の果てまで連れて行ってくれました。

この小さなタイヤは、何回転したのだろうか?相当すり減っているので交換しました。

わたしの靴よりも安いタイヤだけど、日本中、乗せてくれたのがすごいと思うのです。本当に小さなエンジンなのにね~

軽バンの部屋が居心地がいい

軽バンの荷室は、ちょうど茶室だ。二人が向き合ったり、直角に座ったりできる広さだ。寒くても暑くても、丁度いいのです。

だから何でも手が届く範囲にあって、妙に居心地がいいのです。

特に、カーテンを閉めて、テーブルを出して、一杯。
(運転をしてはいけません)

そこは、山や海がみえるから、なんとも良い感じ。

台風が去るまで、京都舞鶴で2日間こもっていたこともあった。狭くても居心地がよかった。

わずか10万キロ越えか・・・

あの探査機がはやぶさ2号がリュウグウへ着くまでの距離は 2億8千万km 。

はやぶさ2の最高速度は、41,760 km/h だから、10万キロって、2時間半くらいでしょうか。

自分で歩くと、寝ないで休まないで24時間歩き続けて、約3年かかる。

1人こそ何にもない世界がここちよい

夕方になると、ランタンに火をともす。薄暗くシンプルな方がいい。山小屋みたいで、落ち着くのです。

バーナーでお湯を沸かして、くつろぐ。

酒は禁酒だから、コーヒーだな・・・

それまでは、知らない土地の夕日を見ながら一杯やるのが、大好きだった。いまでも、そうしたいけど、じぶんで決めた禁酒。もう8カ月目だ。

お酒を飲んでいたころが懐かしい・・・

酒だけはやめられないと思っていたのに、一滴も飲まなくなってしまった。

どこか悪いわけではない。証明してみたかったのですよ。アル中じゃないってことをね・・・^^

強い人間だと証明したみたかったけど、やっぱり弱いね

真っ暗な山の中で静かに眠ってしましました。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です