車中泊をレンタカーで楽しむ方法

レンタカーを利用して車中泊にチャレンジ。
遠距離の車中泊を短い日数で可能にして旅を楽しむ方法を紹介。

車中泊でレンタカーを使うメリット

電車や飛行機との併用ができる

レンタカーを使う最も大きなメリットは、遠くまで車中泊の可能性を高める事です。現地まで、電車や飛行機を使っていくことで、車中泊の範囲を広げて、短期日数の滞在でも十分楽しむことができます。

自由で行動範囲が広がる

パック旅行では行動範囲の制約がありますが、レンタカーを使う事で1日中、自由に自分の予定で観光や温泉を楽しむことができます。

宿泊場所の予約が要らない

車中泊のメリットは、宿泊場所が要らない事です。予約をしたり、予約時間に宿に到着したりする必要がありません。自由に車で車中泊が出来るからです。

道の駅を利用したりすれば、車中泊できる場所も多く選べます。車中泊したところが自分のホテルです。狭いけれど景色が良いところは別荘に泊まるような気分ですね。

レンタカー付のパックが格安

もう一つの選択肢は、飛行機、ホテル、レンタカーがパックになった旅行です。旅行会社が販売しているツアーで、格安です。

例えは、東京羽田⇒大分(別府、湯布院)2泊3日。JAL航空機往復、ホテル、温泉旅館、レンタカーSクラス付のパックで3万円台です。

レンタカーだけでも3日間利用できます。食事つきのホテルなので楽ですね。

レンタカー車中泊のデメリット

車中泊が難しい車種がある

レンタカーは車種によっては車中泊に向かないこともあります。事前にどんな車種か調べてから予約しましよう。

車中泊の準備を手持ちで行く

車中泊では、寝るときにシュラフやマットがあると快適です。その準備を手持ちして現地まで行きます。なのでコンパクトにまとめるといいでしょう。

乗り捨ては高くなる

レンタカーは自由とは言え借りた場所と違う場所で返却した場合、乗り捨て料金がかかる場合がありますので、事前に計画を立てておきましょう。北海道の紋別で借りて、新千歳で返却したことがありますが、結構料金がかかりました。

まとめ
レンタカー利用の場合はルート概要を頭に入れていきましょう!

自由とはいえ、レンタカーの帰着は指定の空港か営業所となりますので、除あkンに間に合うようにルート概要を調べておきましょう。

航空機や鉄道との併用で遠方まで足を延ばして、楽しめるのがこのスタイルのメリットです。


参考プランのご紹介

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です