車中泊で遭遇する危険な雨と風への安全対策

車旅では旅先の天候の予報が
急に変わり雨や台風に直面することがあります。

安全に過ごすための対策を紹介します。

雨・風・水の危険性がどの様なものかを調べてみましょう。

雨の危険性

雨の種類には、
霧雨~豪雨まで幅広い降り方があります。

特に車に危険な雨の降り方を
気象用語で見てみましょう。
(用語:気象庁)

雨と車
出典:気象庁リーフレット「雨と風(雨と風の階級表)

■強い雨 20以上~30mm未満 どしゃ降り

傘をさしていても雨でぬれて、
地面一面に水たまりができます。
また、ワイパーを速くしても見づらいほどの雨です。

■ 激しい雨 30以上~ 50mm未満

ハイドロプレーニング現象の発生
道路が川のようになります。
バケツをひっくり返したように雨が降ります。
傘をさしていてもぬれて、
高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じ
ブレーキが効かなくなる
ハイドロプレーニング現象が発生発します。

■非常に激しい雨 50以上~ 80未満 車の運転は危険

車の運転は危険です。
滝のように雨が降ります。
ゴーゴーと降り続き、
傘は全く役に立たなくなります。
水しぶきであたり一面が白っぽくなり、
視界が悪くなります。

■猛烈な雨 80以上~ 車の運転は危険

車の運転は危険です。
息苦しくなるような圧迫感があり
雨に恐怖を感じます。
傘は全く役に立たなくなります。
水しぶきであたり一面が白っぽくなり、
視界が悪くなります。

注意情報の発表のレベル

大雨に関する注意情報が発表された場合は、
情報を確実に受信しましょう。
正確な雨の情報は命を救ってくれます。

大雨注意報や洪水注意報
大雨によって災害が起こるおそれがある
大雨警報や洪水警報
重大な災害が起こるおそれがある
大雨特別警報
さらに重大な災害が起こるおそれが著しく大きい
記録的短時間大雨情報
数年に一度程度しか発生しないような
短時間の大雨を観測・解析したとき

この情報が発表されたときは、
その地域で、土砂災害や浸水害、
中小河川の洪水害の発生につながるような
猛烈な雨が降っていることを意味しています。

とっさには行動が出来ないので、
普段から大雨を想定した練習を
行っておくと良いでしょう。

どのレベルの雨が降ったら
どのように行動するのかは重要です。

車中泊では、
雨が強くなる予報が出ている時に、
お酒を飲んでしまうと、

雨降る夜間に車の移動や避難で運転が必要な場合、
他の人の助けが必要となる場合があります。

特に大雨等の災害が迫っている時には、
お酒を控えて
いつでも車の移動が出来るようにしましょう。

車が水没する前に。

雨への安全対策

車旅の運出先で
この様な雨の注意情報の発表があった場合。

無理せずに車を高台など
安全な場所へ避難をする必要があります。

特に雨による道路の冠水、がけ崩れ等で
車の通行が危険になる事もあります。

現地の気象予報で雨を確認して、
必要があれば無理せずに
車とも避難の指示に従って行動しましょう。


風の危険性

突風は車を横転させたり、
横風は車をふらつかせたりと
車にとっては危険性が潜んでいます。

風の強さと車への影響は
気象庁で解説している
以下のレベル区分がありました。

■やや強い風 10以上~15m/s未満

高速運転中には車が、横風に流される感覚になります。
道路の吹き流しの角度が水平になります。
風に向かって歩きにくくなり、カサがさせなくなります。

■強い風 15以上~20m/s未満

高速運転では車が、横風に流される感覚が大きくなります。
風に向かって歩けなくなり、横転する人もでます。

■非常に強い風 20以上~25m/s未満

通常の速度で車を運転することが困難になります。
何かにつかまっていないと立っていられなくなります。
飛来物によってケガをする場合があります。

■非常に強い風 25以上~30m/s未満

車の風の影響
出典:気象庁リーフレット「雨と風(雨と風の階級表)

通常の速度で車を運転することが困難になります。
走行中のトラックが横転することもあります。
何かにつかまっていないと立っていられなくなります。
屋外での行動が危険になり、飛来物によってケガをする場合があります。

■猛烈な風 10以上~15m/s未満

風で横転したトラック
出典:気象庁リーフレット「雨と風(雨と風の階級表)

走行中のトラックが横転します。
屋外での行動は危険になります。

風への安全対策

事前に天気予報で確認してから
行動するのがベターです。

しかし、車の旅ではそうもいかない時があります。
風に対する安全対策をまとめてみました。

しっかりハンドルを握り、
十分に車の速度を減速し、
安全な場所へ退避しましょう。

特に車がトンネルを出た時や
山間部で谷にかかる橋を渡る時、
高い場所を走る道路などは危険です。

強風で車がふらついて
急ハンドルを切ったりすると
横転する危険性があります。

風が強いときは、
無理をせず安全な場所へ避難しましょう。

台風との遭遇

2018年10月に軽バンで
日本海ルートを九州に向かう途中、
京都舞鶴付近で台風に遭遇しました。

台風の進路車内テレビ
日本海 京都舞鶴港付近。台風通過後の様子

当初の予定では
、台風の進路がずれる為に
そのまま京都舞鶴を通過しようと考えていました。

ところが台風の進路は気まぐれで、
日本海の舞鶴付近の北側、
韓国との間を通過する進路に変わってきたのです。

台風の南側は雨も風も強くなることが
知られていますので、
舞鶴港の道の駅に3日間退避しました。

軽バンなので、
駐車していても強風で車体が揺れ
外は時折強きつけるような雨が降り
車内で2日間台風が去るのを待った経験があります。

翌日、地元のガソリンスタンドで聞いた話。

お客さん、よかったね。
お客さんが退避した場所は、
安全なようだけど、豪雨や水には、
めっぽう弱いところで水没するこがあるよ。

知ってる人は、車は避難しない場所だよ。
多くはないけどね~

と教えてくれました。

ぞっとした経験があります。
地元でしかわからい情報もあるのですね。

まとめ:危険性がある時は退避しましょう。

車も大自然の前にはひとたまりもありません。
大きなトラックが横転して
風で流される映像を目の当たりにすると、
日本の気象も変わって来たようです。

車中泊を伴う車旅では、
いつ何時大雨や突風、台風、土砂崩れ
そして川の氾濫、地震等に出会うかもしれません。

普段からそれらの危険に対する準備をして出かけましょう。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です