冬キャンプのテントで暖かく快適にする方法

冬キャンプでベースとなるテントの設営方法と持ち物の紹介をします。

冬はテントも凍ることがあので快適なキャンプをするにはそれなりの準備をして快適に楽しみましょう!

冬キャンプはとても寒い

当然ですが冬は思った以上に寒くなります。

冬でも使えるテントは通常2重構造になっています。

外と部屋の間に空間を作ります

そして結露防止と断熱の効果が得られるように作られています。

とはいっても、真冬にテントを張ると結露が凍っていることがあります。

それだけフィールドでは気温が驚くほど低下するのです。

冬キャンプの持ち物には注意が必要です。

冬には冬の持ち物があります。

通常の準備をしただけでは、凍えてしまうかもしれません。

テント関連、居住関連、食事関連の3つに分けて紹介します。

テント関連の持ち物

テント下の地面からの冷気が寝袋を通すほど冷たくなってきます。

いかに地面とテントの床の間を断熱するかにかかっています。

テントと地面の間に敷くシートを用意しましょう。

お金をかけたくない場合は、テントの底(外側)とグランドシートの間にもう1枚ビニールシートを敷きましょう。

テント内部には、一番地面に近い床に段ボールを敷きます。

その上に定番の銀マットを敷いてから毛布を敷き詰めると、暖かく過ごせます。

段ボールは、現地のスーパーで持ち帰り自由の空き箱をもらって、つぶして使います。

それで充分です。

自宅から毛布を数枚用意しましょう。

テント内の居住関連

夜の対策が一番重要です。

夜は、とても大きなテントなら薪ストーブを入れたり、暖炉を入れたりと工夫できます。

でも、普通の4人前後のテントでは難しいので、火を使わないで夜を過ごす方法を取ります。

そこで寝袋があると安心です。

理由は、暖かい空気が寝袋から逃げないからです。

しかし、寝袋だけでは寒いので、寝袋の上から毛布を掛けて寝ましょう。

食事関連の持ち物

とにかく温かい飲み物が欲しくなります。

冷えた体には暖かい食事と飲み物です。

コンロやバーナを持っていきましょう。

火を使うので火に強いテーブルも必要です。

ヤカンはお湯を沸かすために、是非持参しましょう。

やかんで沸かしたお湯を入れておくポットがあると、その度にお湯を沸かさなくてもいいので便利です。

コンロやバーナーを使うので、軍手があるとやけどをしません。

本格的なキャンプで焚き火用の手袋もありますが、高価なので軍手で十分です。

冬キャンプで快適な「たき火」

テントサイトでたき火ができると、暖かくなり冷える夜でも暑いくらいです。

火を囲むと楽しいです。たき火で楽しむにはマキがいいし、バーベキューは炭を使います。

夜になると、冷えるのです。

バーベキューが終わったら、マキでたき火をして過ごしましょう。

マキはキャンプ場でも販売していると思いますが、できれば行く前に準備すると安く上がります。

まとめ

冬のキャンプはかなり寒くなります。

冬ならではの持ち物と準備の説明をしました。

準備万端で冬のキャンプを快適に過ごしましょう。

焚き火台をみてみる。

tabito(旅人)