車中泊キャンプ【たき火を楽しむ】

車をキャンプサイトに横付けして、タープを張りテーブルを並べて夜を待つ。夕暮れからは大人の時間だ。マキを割り、焚火の準備だ、ビールを片手に。

日が沈み、キャンプサイトに灯りがともる

熱かった昼の時間はすぎて、爽やかな風が吹いてくる。一瞬、風が無風となり、静かな時間がくる。

夕なぎだ。海ばかりでゃなく山でも起きる。

それそれのテントに灯りがともっていく。子供たちの楽しい声が聞こえてくる。

どの点とサイトからも、煙が昇り始める。

良い匂いが漂ってくるのだ。

マキを割って、焚火の準備だ。

モーラナイフを使って、上手に木を割って細くさいてフェザーを作る。

たき火台には、木を組んで置く。火を着けるために割いたフェザーに火を着ける。少しずつ燃えていく。

いよいよ、日が沈み薄暗くなってきた。炎がやけに明るく感じる。

たき火台の近くにイスをおいて、冷えたビールを取り出して座る。

火にかけたポットが炭で黒くなっていて、それもまた味わいがあるのです。

取り合えず、プッシュっとビールを空ける。

炎を通して見える景色は、ひと味ちがう。

冷えたビールは、一気にノドに流れ込んでいく。

ホッとする瞬間だ。

マキをくべていく。

炎を見ているだけで、落ち着くのだ。

マキが無くなるまで、ボーっとみつめている

炎って、地の通りで、字のように躍るのだ。それが人のように揺れて踊るのだ、

見ているだけで面白くなる。飽きないのだ。

人類は火を使うようになってから、

ずっとこのスタイルで火をつかってきたのだ。

火をたくなんて、そんなにある事ではない。

星空を見上げる

真っ暗な山間のキャンプ場は空がきれいだ。満天の星空。

酔いもまわり、気持ちがいい。お酒が妙にすすむのであります。

場所によっては天の川が見えるし、ときおり流れ星が横切る。

午前2時頃が一番きれいだった記憶がある。

1人の贅沢な時間が過ぎていく

ソロキャンプの魅力は、自然に溶け込んで動物としての感覚を取り戻し、自分が元気に生まれ変わるのです。

こまごまとした下界の問題など、どこかに消えている時間です。

大自然のなかで生きているのを、感じる事が出来るのです。

だから、ソロキャンプは止められないのです。

またこよう。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です