車中泊で缶ビールと便利なテーブル

車中泊を一人で楽しむ時に、やっぱりあると便利なのがミニテーブルです。一度は要らないと思ったのですが、結局は旅についてくるのです。

なんでテーブルがいるのかといえば、ご飯の時

大げさなテーブルを持っていけば狭くなるし、無いと困るのがテーブルです。

1人旅だからチョットだけがいいのです。カチャットと出してカチャッとしまえるのが便利。

面倒くさい男の旅には最適!

ミニテーブルで缶ビールと乾きものとお箸

一人のお膳のようなミニテーブル

なにをテーブルにのせるのか? もちろん缶ビールは必須。

お膳があると、それだけで贅沢な気分になるから不思議なのです。

車内では、お湯を沸かす台になります。

軽バンの中でお湯を沸かす。

大げさでないところが、「わびさび」を感じるのです。

軽バンの後ろに、あぐらをかいて座り、おもむろにクーラーボックスから缶ビールを取り出して、ミニテーブルにちょっと置く。

外の景色を見ながら、今日一日を振り返りながら飲むビールは美味しい。

じゃまにならないから結局3年間も旅について来た。

どこに置くわけでもなく、車内の隅にいつも置いてあるのです。

邪魔にならない大きさで、A4半分くらいに折りたためるから、どこでも置けるのです。置くというよりは、ほっぽりっぱなしです。

寝る時に、結構いい置台になるところが好きです。

シュラフに入って寝るのですが、小さいので枕元において、メガネや時計、スマホやランタンを置いておくのには、抜群の便利さがあります。

湖畔でコーヒーを飲む時に持っていくのです。

マグカップを地べたに起きたくないので、ミニテーブルを持っていきます。

猪苗代湖 磐梯山を望む フリーキャンプ場

湖畔でイスを出して、ボ~っと景色を眺める時には、横にミニテーブルを置くと、マグカップが置けるし、おにぎりも置けるから良いのです。

男一人旅のグッズとして、長年付き合えるものです。

倉庫に眠りっぱなしのグッズもたくさんありましたが、整理しました。

最後まで残ったのが、ミニテーブルです。一生使える物の一つになりました。

■ミニテーブル Amazonで探す

tabito(旅人)