「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

車中泊の旅には大きめのイスが癒される

車中泊用テーブル・イス
この記事は約2分で読めます。

車中泊の車旅は長期になると変化が欲しくなります。

そんな時にあると便利なのが大きめのイスです。

大きめのイスは気分がリラックスして次の旅へのモチベーションがアップします。

「PR」

車中泊の旅では変化が欲しくなる

車中泊の日々を送っていると、マンネリ感がでてきて変化が欲しくなります。

食べるものを変えるとか、音楽を変えるとか、車内のランプを変えるとか、いろいろためしてみるのも変化が起きて、一味違った車中泊になります。

車中泊の車に積んでおくイス

車旅に出かける時は、軽バンでもコンパクトカーでも、アウトドア用の大きめのイスを積んで出かけます。

小さくコンパクトなイスは便利でいいのですが、やはり景色を眺めたり、太陽の下で昼寝をしたりするときは大きめのイスがいいのです。

大きめのイスは座り心地がいい

もともとアウトドアのキャンプでテーブルを囲んで食事する時に使っている椅子です。

なので座りごこちが最高なのです。

イスは軽くおりたてめるのですが、すこし収納が大きくなります。

でもコンパクトカーの荷物置き場ならじゃまにならずにおけます。

このイスを車から出して景色のいいところに置いて座ると、そこはリゾート地になります。

もちろん、道の駅などの公共の場ではマナー違反になるので、山奥の湖畔とか、駐車場などで迷惑にならない場所を見つけて座ります。

時には、イスをもって歩いていくときもあります。

車中泊の旅には大きめのイスがおすすめです。

是非、車中泊の旅を少し変化させたい時は、折り畳みイスの大き目なものを持参すると面白いです。

テーブルまで出すと、ちょっとマナー違反かもしれませんのでご注意ください。

あくまでもイスだけがおすすめです。

少し大きめのイス(Amazon)

この記事を書いた人
たびと@旅遊び

軽バンやコンパクトカーで車中泊の旅をコンセプトにブログを運営。日本縦断の旅、東北縦断の旅。北陸縦断の旅、九州最南端の旅、温泉巡りの旅などいろいろ経験しています。お金をかけないで、しかも面白く車中泊ができる方法や車中泊の車をDIYで作る方法など紹介しています。

たびと@旅遊びをフォローする
ブログランキング参加中!
「PR」
車中泊用テーブル・イス
たびと@旅遊びをフォローする
タイトルとURLをコピーしました