焚火で「ひとりのゆったりした時間」を過ごす方法

魅力のひとり旅
この記事は約3分で読めます。

仕事で忙しい現実を離れて自由な時間をとって休みたい。

「ひとりでゆったりした時間を過ごす方法はないだろうか?」

ならば非日常的な場所でひとりの時間を静かに過ごすのもありですね。

そこでおすすめなのが「焚火」です。

焚火には不思議な魅力があり、自分に素直に向かい合う時間を満喫できるのです。

スポンサーリンク

焚火には不思議な魅力がある?

焚火をみていると、きっと今までの色々なことが走馬灯のように炎の中を駆け巡るかもしれません。

焚火はその炎を見ているだけで、時間があっという間に過ぎていきます。

そして、不思議ですが癒されているのです。

スポンサーリンク

焚火と過ごす時間はあっという間

なにも考えずに焚火を見ているだけで、不思議な安心感が湧いてきます。

焚火に話しかけて見たり、ひとりごとを言ったり、自由だから。

焚火をみながら一人で飲むお酒はおいしい!

焚火の炎はゆらゆらと人のように形をかえて燃えるのです。

焚火でマキが燃えるところを見ることがまれになった現代社会。

火が燃えるという単純な光景が、人類が火を使ってきたDNAの記憶を呼び戻すのでしょう。

マキが燃える炎を見てお酒を少しづつ飲むと、なぜかホッとするのです。

薪を割るのが面白い!

薪を割って焚火に備えるところから面白いのです。

ナタやナイフを使うのは、どこか危ない感じがするのです。

でも道具として使うと、人間の営みが感じられる方不思議です。

薪を割るということも新鮮です。

ガスコンロのスイッチをひねればお湯が沸く。でも焚き火は薪を割るところからの準備です。

時間を忘れて薪を割ることに夢中になるのです。

単純で何も考えないで、ただ薪を割る作業に没頭することこそ、ストレスを解消することになるのです。

焚火は理屈抜きに面白い

焚火の前で一人で楽しんでいると、時には見ず知らずの人が訪ねてきます。

焚火を囲むと、いつの間にか不思議と昔からの仲間のようになるのです。

それはそれで、新しい気兼ねの無い楽しみになります。

焚火の楽しみは奥が深く、ずっと楽しめる面白さがあります。

ぜひ焚火のゆれる炎をみながら、おいしいお肉を焼いて、おいしいお酒を飲みながら、人生に思いを巡らすのもありですね・・・

焚火は焚火台で楽しみましょう。

地面で直接焚火をやると草木の根に影響を与えるので、通常は焚火台を使って楽しみます。

中には、直火もOKというキャンプ場もあるので確認しましょう。

焚火に焚火台を使うのはいまではほとんど必須です。いいものを長く使いましょう。

ぼくが7年間使っている、おすすめの焚火台を紹介します。


焚き火台:ユニフレーム (Amazon)

タイトルとURLをコピーしました