旅を楽しむ。60才定年前に読む定番の2冊

あっと言う間にやってくる「定年」

人生に定年という文字はない!

しかし、やってきます。

定年退職の直前になって、ようやくあたふたと人は動き出します。

そして、多くのサラリーマンは「定年」という現実に向き合います。

無職になるか、プライドを捨て65才まで働くか・・・

悩ましい選択がやってきます。

「生活できるのか?どんな生活が待っているのか?」等の不安もあります。

退職した方の体験、考え方、資金計画など学ぶところが多い本です。

資金計画のテンプレートがあり、定年後の実生活がイメージできました。

定年後の今、60%は本で読んだことが現実となっています。

人気の本なので、すでに読まれた方も多いと思いますが紹介します。

会社をリタイアする決意

大学卒業後就職し、60才で会社を定年退職、その後2年半契約社員として残り、62才の今年5月に自分から退職の道を選びました。

家のローンもあり女房と生活する上で退職はとても大きな選択でした。

退職を選択したのは、契約社員として働いた2年5カ月は体力的にも精神的にも疲れたからです。

もう、仕事はいいか・・・

再雇用になると肩書は無くなり、翌日から一般社員と同様になるのが普通です。当然ですが給与は4割位になり、なんでも自分でやらなければなりません。

・・・・・

決断を後押しした一つは、この本でした。

定年までに知らないとヤバイお金の話

「定年後のリアル」

改めて読み返し、考える事ができました。是非、タイトルを検索してください。Kinde本もあります。リンク張ってないのですみません。

残された時間を自分へのご褒美として使う事に決めたのです。

明日はわかりません。

私の両親は「定年になったら旅行しよう」と一生懸命はたらきました。そこは素晴らしい生き方だと思いました。その陰で私たちはこうしていられるのですから。

しかし、定年後も仕事を辞めずに契約社員で働き、67才で父が倒れ帰らぬ人となりました。体がボロボロでしたが、会社のため働きました。母はその後84歳まで長生きしました。旅行の計画をしていた矢先、父が67歳で他界したのを残念がっていました。母は「元気な内にやりたいことをやっておきなさい。明日はわからないから・・・」と教えてくれました。

今日を楽しむことにした。

「もったいないね。65才まではたらけるのに・・」と言う人もいます。しかし、いつまでも若いままではありません。

退職金と年金だけでも意識を変え工夫をすれば、元気に楽しく生きがいを持って生活できることを実感しています。車旅も海外旅行も今しかできないと思っています。昨年女房と2人大枚を叩いて、イタリア旅行にいきました。ナポリからローマ、フィレンツェ、ヴェネチア、ミラノと全域を旅しました。今体力があり歩ける時だからこそ出来たと思います。車も運転できる時だからこそ今なのです。来年は車で東北から北海道を予定しています。

(南イタリア アドリア海クルーズ2017年8月)

退職金も無くなれば、その時考えようと女房と決め楽しく遊んでおります。これも一つの生き方ではないかと思います。

定年後の心配はお金です。計画もある程度は必要ですね。これから定年を迎える方、まだ先の方。参考になる本だと思います。

興味のあるかたは是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です