車中泊アウトドアで使える折り畳み100Wソーラーパネル

車中泊を楽しむことが増えてくると欲しくなるソーラーパネルです。

通常は車のルーフにソーラーパネルを取り付けて
車内のバッテリーを充電します。

さらの車中泊を続ける
持ち運べるソーラーパネルが
欲しくなってきます。

車の駐車位置や車から離れても
フレキシブルに使えるからです。

ずっと探し続けてきましたが
ここに来てSUAOKIから
ポータブルパネルが出て
これは使えると思い紹介いたします。

suaoki 100W 折りたたみ ソーラーパネル

紹介から始めたいと思います。

このパネルは価格が少し高いですが、
車中泊で欲しかった機能がほぼ確保できるところが
気に入りました。

Amazonのリンクをはりました。

車中泊で欲しい機能は次の3つです。

1・車体に固定しないで自由に移動できること

はじめに
車に固定するメリットを紹介します。
いちいち積み下ろししないで済むことと
走行中でも充電が可能なことです。

固定ソーラーパネル 50W×2枚 移動中でも充電できるメリットがある。

走行中に充電できることが最大のメリットです。

どんな場所でも日が当たっていれば充電できるので
パネルの収納や設定を気にしなくて済みます。

また、充電中に車を離れても
盗難にあうこともありません。

さらに直接外に取り付けてあるので
盗難防止のためにフロントガラスの内側に
置くよりも
発電効率が全然違います。

固定ソーラーパネル 50W×2枚

でも、次にような場面では移動できるソーラーパネルが
欲しくなります。

太陽高度が低い冬など

太陽が真上に来る夏の季節あたりは
気になりませんが、

太陽の高度が低くなる冬の発電効率は低く
太陽に適切な角度を向けないと
効率的に短時間で充電することが難しいのです。

そんな時は、この様にして使っていました。

車から離れているとき

車中泊なので車に泊まっている時はいいのですが
この様に車から離れて滞在するときは
移動できるソーラーパネルが欲しくなります。

夜の照明はスマホ、カメラの充電で
使うバッテリーを充電するため
昼間テントのそばで使えるソーラーパネルが欲しいのです。

富士山 ふもとっぱらキャンプ場

2.発電能力が100wあること

20Wや30Wのソーラーパネルでもバッテリーを充電することは
問題ありません。

しかし、発電量が小さいので
充電時間が相当かかることを覚悟しなければなりません。

SUAOKIの場合、100Wあるので十分な発電量がとれます。

車中泊で固定で使っている50W×2枚と同程度
発電量があるので、車中泊やアウトドアでは
十分であり満足です。

さらに4Kg程度でコンパクトに収納できるため
車にも場所を取らないし、
持ち運びも苦労しません。

立てかけることができるので
太陽に向けることが自由にできてそれはまた便利なのです。

3.USBが直接取れること

なんといってもUSB電源が直接とれることが
大切です。

固定式ソーラーパネルだと
画像の様にコントローラーを介して
USBを取ったり、
12Vの出力からUSBソケットを付けて
利用することになります。

SUAOKIでは直接ソーラーパネルから
USB機器への充電が出来るため
余計な機器が追加が不要になります。

これらの機能を一つにまとめたソーラーパネル

SUAOKIの100Wソーラーパネルは、
以上の固定式では難しい機能を
すべて持っているので
利用したいソーラーパネルです。

同レベルのパネルRockpals100W

SUAOKIと比較できるパネルは
Rockpalsの折畳み100Wパネルです。
(画像はAmazonにリンク)

こちらのパネルは、値段の割に発電効率が良いのです。
これでも十分な機能です。

でも、どうでもいいことなのですが
ななめに太陽に向けるときに
SUAOKIのように斜めに設定できないのです。

ネックはそこだけです。

Amazonのリンクをはりました。

おわりに

車中泊でソーラーパネルを使ってきましたが
自然エネルギーの利用は大変便利です。

非常事態でも使えたので
一つ持っていると安心ですし
遊びと両方でつかえます。

tabito(旅人)