「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

「四万温泉」ひとり旅の魅力。昭和レトロに癒される旅

魅力のひとり旅
この記事は約3分で読めます。

日頃の疲れをとるには温泉が一番ですね!

そこで今回は電車でリーズナブルに行ける四万温泉でリフレッシュしてみました。

ひとり旅なら昭和の良き時代を今によみがえります。

「PR」

「四万温泉」にひとり旅で出かける

時々一人でゆっくりしたくなる時があります。

いろんなしがらみのない、じゆうな時間が欲しくなる時。

ついひとり旅に出かけると、なぜか思い出すことがあるのです。

それは、わがままを通してきた人たちへの反省かな・・・

だから、時々ひとりで旅に出るのです。

自分がみえなくなるから・・・

四万温泉の魅力「昭和レトロ」の街並み

群馬県の四万温泉(しまおんせん)は、そんな心が疲れたときに癒してくれる温泉。

スマホやパソコンなどで疲れたとき、なぜかいやされる昭和の時代。

その時代がまだ色鮮やかに残っているから不思議。

それが四万温泉なのです。

JR中之条駅からバスに乗って終点の四万温泉まで行く。

妙にバスの運転手さんが気持ちよくガイドしてくれた。

そんな四万温泉はどこか温かい人の気持ちがたくさん詰まっている。

だから、温泉も人一倍、温まるのかもしれません。

ひとりならではの旅かもしれませんね。

四万温泉は電車で行くのもいいです

車中泊の旅をメインにしてきたのですが、電車でひとり旅ならまた違うたのしみがあります。

電車の車窓から見える景色をながめ、ビールとかわきものでのどを潤す。

電車の旅ならではのだいご味です。

そして、温泉の湯につかれば、それまでのいろんなことがすっ飛んでしまいます。

500年の湯守の宿「たむら」の「森のこだま」と名付けられた露天風呂は、

疲れた若者が息を吹き返していた。ぼくもその一人かもしれない。

千と千尋の神隠しで有名になった赤い橋のある積善館。

タイムスリップしたかのうような場所。

しばらくたたずんでいる時間がほしい。

温泉宿はたしかに人生を癒してくれる。

だから、疲れたら温泉は最高のリハビリなのかもしれません。

温泉に入って、おいしいものを食べて、すこしばかりお酒を飲むと、もう力がよぎっている!

理屈はわかりませんが、温泉は人を元気にしてくれる場所。

ひとり旅で元気が出て、また厳しい社会で頑張ろうと思った。

「世のちりを洗う四万温泉」

その歴史ある言葉に心を打たれた人は多いはず。

身も心も塵を洗って気持ちよくなったのは気のせいかな・・・

でも元気が出て、充電できたのは四万温泉のお湯の効果なのかもしれません。

おすすめです。四万温泉。

タイトルとURLをコピーしました