車中泊で重要「靴置き場」を100均で作る

車中泊で一番困るのが夜の靴置き場です。

特に軽バンでは狭いので棚の上に置いたり
枕もとに置いたり、あまり良い環境ではありません。

そこで簡単に100均で靴置き場を用意する方法を紹介します。

雨が降っていても簡単に靴を履いたりできます。

靴を置く場所を用意する。

発想の転換ですが、
靴を仕舞うのではなく置くという考えです。

100均のプラスティックのトレイ

100均で買えるプラスティックの
トレイがあります。

このトレイは、
どんな靴でもちょうど置ける大きさです

汚れたら水で洗うだけの
簡単なメンテで使えます。

さらに、重ねて置けるので
2人で車中泊するときでも使う時だけ
出して靴を置きます。

夜間に出る時は、
それぞれ自分のトレイをもって
靴を履いて外に出ます。

車内に入るときは、トレイの上で靴を脱ぐ

一番便利なのは、車内に入るときに
靴を履いたまま車内に入って
トレイの上で靴を脱ぐことが出来ることです。

寒い冬や雨の日は車のドアをすぐに
閉めることができるので
もたもたせずに済みます。

脱いだ靴を車外の地面から
拾い上げる必要もありません。

車外に出る時は、トレイの上で靴を履く

これまた便利なのです。

車外に出る時がいないともたもたするのです。

ドアを開けっぱなしで、靴を履くのですが、
靴は車外の地面の上に投げおろしてから
足を出して靴を履きます。

これ雨の日が最も履きにくいのです。

しかし、100均のトレイ1つあれば
車内でトレイの上で靴を履いてから
ドアをサッと開けて靴のママ出ることが出来ます。

大きなキャンピングカーなら靴爆や玄関があるのですが
小さな軽バンでは作れないので、
このトレイが大変便利なのです。

靴を置く場所

夜どこに靴を入れたトレイを置くかと言えば
運転席と助手席を利用します。

助手席を倒すとフラットになる軽バンです。

なので、そこにトレイごと置いておきます。

夜中でもすぐにトレイをとって
靴を履いてトイレに行けます。

おわりに

100均の靴用トレイの紹介でした。

この仕掛けを考えてやってみたら
最高にリーズバブルでフレキシブルなので
固定しないほうが、
どうにでもなり、便利さが増しました。

tabito(旅人)