中古車「エンジンの寿命」と走行距離について

車はいったいどれ位の距離を走るのか。

バンコクで活躍する中古軽トラック 20万キロ超
バンコクで活躍する中古軽トラック 20万キロ超

ギネスでは’66年式ボルボP1800という車が
360万kmの距離の記録をもっています。

私たちの乗る車、
距離は何キロ位が寿命なのか。
そんな疑問に中古車を例にエンジニアの意見も
参考にまとめました。

車を購入する時の参考になれば幸いです。

車はどれ位の距離を
走ると壊れるのか?

マイカーを運転している私たちには、
車の距離がとても気になるところです。

車は機械なので、
当然寿命があるはずです。

要はエンジンの寿命ということになります。
車のエンジンは
何キロくらいの距離まで使えるのでしょうか。

距離は50万キロ前後です。

現実的な距離のデータはタクシーが
答えを持っていました。

距離をたくさん走っている車がタクシーです。
タクシーは整備をきちんと行っています。

実際にタクシー会社の情報では
距離は50万キロほど走ります。

大手のタクシー会社を例にとると、
約25万kmまで使用された車は、その後、
系列のタクシー会社や中古車業者へと流れます。

その後、地方のタクシー会社や自動車教習所に
流れた中古車は50万km位までの距離を走ります。

最後は、自家用車になったり、
解体されて部品取になったり、
自動車輸出業者を経て海外で利用されます。

車は、距離が50万キロでもまだまだ、
利用されているのです。

マイカーの中古車が、距離
10万キロで突然安くなる要因。

マイカーの車の多くは、
日曜の休日にしか車に乗らないことです。
そのため、中古車として距離10万キロで
突然値段が安くなるのです。

そこには2つの要因があります。

その1
エンジンの潤滑の問題

毎日エンジンを動かしていれば、
エンジン内部は常時オイルの膜でカバーされて
良い状態を保っています。

しかし、休日だけ車を動かすなどの使い方では、
エンジンに潤滑面の問題が出てしまい
エンジン回りが劣化するので安くなるのです。

その2
異常燃焼の問題

エンジン内部には、
スラッジやカーボンが付着します。

高速道路などでエンジンを
高回転にしたり負荷をかけると
スラッジやカーボンが付着しにくくなります。

タクシーなどの車では、
毎日エンジンに負荷をかけた運転になるので、
スラッジやカーボンが付着しにくくなり
エンジンは
良い状態を保つのです。

マイカーを運転する場合、
そうはいきませんので、
スラッジやカーボンも溜まる
一方なのです。

エンジン燃費や調子が悪く
整備が必要になることが、
中古車として安くなる要因です。

整備上のエンジントラブルの3大要因

その他に、ユーザーが車のメンテを怠って
発生する3大トラブルがあります。

(1)エンジンオイル切れ。
(2)冷却水系ウォーターポンプの
    故障・劣化によるオーバーヒート。
(3)タイミングベルト切れ。

通常整備を行っていれば、トラブルは防げます。

車は毎日使うのがベスト

現役で走っている走行距離40万キロの軽トラックや、
80万キロのクラウンなどがある事を聞きます。

毎日エンジンを掛けて走っているのです。
毎日車のエンジンを使う事で、
潤滑とエンジン内部のスラッジや
カーボンによる異常燃焼などが軽減され、
エンジンの寿命は延びます。

まとめ

ガソリンや軽油で動くエンジンは、
毎日使うことが車の寿命を
延ばせることに繋がります。

整備も怠らずにしていけば、
車は50万キロも走ります。

自分ごとですが、
軽バンを1日350キロを連続して
10日間以上乗ったことがあります。

その時は、エンジンは音が静かになり
滑らかな回転になったと記憶しています。

まだ、10万キロを超えたばかりですが、
まったくエンジンには問題が無く調子は絶好調です。

毎日エンジンを掛けて乗っています。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です