旅遊びのブログ「開設10カ月」たくさんの訪問ありがとうございます!

ユーザー数は、17,300、48,200PVと徐々に増加しています。みなさんがこんなブログなのに見て頂けるのが、励みなのです。

軽バンをメインの乗り物として車中泊の旅をしています。

時々、キャンプと車中泊をあわせて、楽しむこともあります。

やはり、長年の夢だったことが実現したことがうれしいのです。

定年リタイア後に熱中できる車中泊

定年前は、職場でも最後だから仕事も徐々に引継ぎをして、最後の2年程は案外自由な時間もとれました。

定年になり、雇用継続で部署をかえてもらい残る事になったのですが、それは大変なストレスなのです。給与は半分で仕事は新入社員やアルバイトと同じ。

仕方がない日本の現実ですね!

だから、リタイアして手に入れたおんぼろの軽バンをいじりながら、車旅してきたのです。

自由で自然に溶け込んで、久々にワクワクしたのです。

無我夢中で車中泊用の自分の車を作り、そして改造して、また作り、旅にですのです。

2万キロを車中泊して、現実のドロドロした社会を離れて、人間性がリセットされました。

おかげで、自然な自分と体一つあれば、それでいい!

そんな贅沢な気分が味わえるようになりました。

どんな車でもいい、旅に出られれば

軽バンを選んだからには、徹底して軽バンで旅をしようと楽しんできました。

実は、どんな車でも走れば問題なしなのです。

狭くてなられない! そんな難題を考えるのが面白いのです。

でも、人間は年を取るのです。

先日、テレビでインタビューを受けていた89才のおじいちゃんが自慢し江いました。

「畑もやるし、運転も自信があるよ~ まだまだだ!」

ちょっと、気持ちはわかりますが、体のセンサーの効きが衰えていますよ!

と言いたくなったのです。

楽しめる時は、限られていますから、早いうちにやれて幸せなのです。

早めの車旅からのリタイアも視野にいれておこうと思いました。

tabito(旅人)