車中泊「炊飯器」コンパクトカーでご飯を炊く!

コンパクトカーで楽しむ車中泊。軽バンとは違い狭い車内でご飯を炊く方法を紹介します。火を使わない炊飯の方法とは?

なぜコンパクトカーご飯を炊くのか?

男が車中泊で一人旅。大自然に飛び込んで非日常を味わいたいのです。コンビニやスーパーでお弁当を買う方が簡単ですが・・・

あえて便利さを、ちょっとだけ捨てるのです。

しかし、男の車中泊の一人旅では不便ながらもご飯を炊いて食べるのが面白いのです。

不便なことは分かっていても、あえてやってみたいのです。だから、解放された大自然の中で、ご飯を炊いて食べたいのです。

火を使わない方法とは?

軽バンで車中泊をするときは、ガスバーナーとメスティンでご飯を炊いて食べていました

軽バンの車中泊でガスバーナーを使います。
軽バンの車中泊でガスバーナーを使います。

プチプチと焼けるような音がして、吹きこぼれがあり、蒸らしてから食べるのが大好きです。

しかし、コンパクトカーでは火は厳禁。なにせ助手席や後部座席で煮炊きは危険と思うので止めです。

ならば、電気を使うしかないのです。

そこで考えたのが、ポータブル電源と炊飯器でご飯を炊く方法です。

電気のメリット

火を使わないでご飯が炊けることです。

電気なので換気が要らないのです。シガーソケットから電気を取り走行中にごはんが炊けるし、夕方にごはんを炊いて余れば、翌朝用のごはんにする。朝、炊いて残ってもお昼のおにぎりにできます。

デメリット

大容量の電気が必要なのです。

電気ポットと同じで大容量の電気が必要になるのです。走行中にシガーソケットから電気を取るか、ポータブル電源を使う方法があります。

炊飯器の後始末が大変なのでは・・・

使った後の炊飯器の掃除はどうするかが問題です。これはやってみて考えることにします。

炊飯器を検討するが、迷う・・・

どんな炊飯器があるのか調べてみました。結果、タケルくんとメルテック炊飯器が性能で拮抗していて選ぶのに迷います。

タケルくんJPN-JR001
価格:¥4,552

消費電力:110w 電源DC12V(8.5A) 1.5合炊き


メルテックMeltec LS-11
価格:¥4,105

消費電力:100w 電源:DC12V(8.5A) 2合炊き


走行炊飯の方法を知る!

走行中に炊飯できるかどうか調べていたら、レビューの中にアイデアが満載。その中からアイデアをいただきました。

「タケルくん」の達人がいました!

通勤で走行中に毎日車内で炊いているのです。

「大きめの段ボールに入れて走行中に炊飯。無洗米とペットボトルで水持参」

使った後の洗い方にもアイデアがあった。

洗浄方法「霧吹きで内窯を湿らせ、ペーパータオルで拭き取る」

すばらしいアイデアです。世の中には達人がいるのですね~


では、ポータブル電源の容量はどれくらい?

バッテリーを検討しました。今人気の大容量のポータブル電源を調べます。

そこで、基礎計算です!

炊飯器の消費電力をDC12V100wとして、必要なポータブル電源の容量を計算してみます。バッテリーはリチュームイオンです。

計算の結果、最低でも250wh程度が欲しいです。

■500whのポータブル電源
表示が500whであれば、理論上100wの炊飯器は5時間使えます。実際は容量の60%まで使うので約300whですから実際は3時間使えます。

■250whのポータブル電源
60%で150whなので、実際は1.5時間使え十分使えます。

炊飯は35分間+蒸らしは15分間ですから、バッテリーの容量は十分です。

ポータブル電源を調べ、おすすめのポータブル電源を選びました。

suaoki ポータブル電源 G500 500Wh
価格:¥59,880 

これは、ちょっと高価ですね・・・でも、欲しいです。

定番のsuaoki 500whなので余裕です。オールマイティーな電源ですね。

一つ前の定番機種が安くなっていますが、十分なスペックです。最後の製造だとクレーム処理が終わっていて、一番性能がいいかもしれません。

suaoki ポータブル電源 400Wh 
価格:¥39,800 ☜ これは、買いか?


Jackery ポータブル電源 240 240wh 
価格:¥29,800

この機種は、お買い得でしょうか。価格が3万円を切っていて信頼があるのです。シガーソケットがあり炊飯器が使えます。

Jackeryは世界で信頼のある製造メーカーで、ホンダがコラボ製品を許可したほどです。安価な外国製品とは違い、優秀な電源です。

参考:ポータブル電源の説明記事>>>こちら 


コンパクトカー電化計画へ!

取り合えずシガーソケットを利用して炊飯を試みる予定

今回の計画を基に機材が揃ったら実験をしてみようと思います。これが上手くいけば災害の時の参考になるかもしれません。

今回は、コンパクトカーの電化計画の第一段でした。

まとめ

車で使える炊飯器をしらべましたが、タケルくんとメルテックの勝負となりました。

2合が炊けて100wのメルテック、110wで1.5合のタケルくん。

しかし、実際に2合サイズで2合炊くと炊きむらが出たり美味しくないので1.5合くらいですね。タケルくんなら1合が美味しいのではないでしょうか。

試したくなってきました。

Tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です