夏の車中泊【冷たい水】2つの水筒とコンビニを利用する方法

これから夏に向かい冷たい水が欲しくなります。ポットとコンビニを利用して。冷たい水を確保する方法を紹介します。

ペットボトル500mLの冷たい水

真夏の海
真夏の海 房総半島

真夏の車旅や車中泊では、車内も暑くなり「冷たい水」が欲しくなります。

通常は、飲む分の500㏄を買いますね。

車が走行中はカークーラーの吹き出し口にペットボトルを置いて、冷やします。

しかし、カー冷蔵庫があれば別ですが車中泊や駐車でエンジンを切っていると、ペットボトルの冷たい水はすぐにぬるくなってしまいます。

そんな時に、2つの水筒をつかいます。

2Lの水筒と0.5Lの水筒

小容量の水筒を持っている人が殆どだと思います。

今回は2Lという大容量の水筒と500㏄の小型の水筒を使います。

水筒は、定番のすぐれモノです。工事現場でも使われているタフな水筒です。

象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒。 ステンレスボトル タフ 2.0L 。ステンレス SF-CC20-XA

大容量だと冷えが長持ちします

2Lクラスの水筒だと、容量が大きいことで「冷たい水」が長持ちします。

容器が真空の内壁をもっているステンレス水筒が良く持ちます。

スーパーやコンビニで
冷たい水と氷を仕入れる

コンビニやスーパーでは、冷蔵庫に入った2Lのペットボトルの水が100円前後で売っています。

また、セブンイレブンでは500gで108円(税込)の氷が売ってますので、それを利用します。

合計約200円で氷を含め2.5Lが手に入りました。

冷たい水の作り方

大きい水筒2Lに氷500gを入れます。2Lのペットボトルの冷たい水をいっしょに入れます。

ペットボトルに残った水は、500㏄の小さな水筒に入れて置き、この水筒から飲み始めます。

空になったら、大きなボトルから移して飲みます。

冷たさは翌日まで持続します

この方法ですと、水も冷たいので氷が解けるスピードが遅くなります。

また、コンビニの氷は硬いので溶けにくい性質がありますから、相乗効果で長持ちするのです。何より、水が美味しいのです。

500㏄のペットボトルを2本買う金額で、氷付きで2.5Lもの冷たい水を確保できるのです。


まとめ:夏は、安くて美味しく、冷たい水を確保しましょう。

夏の車中泊や車旅では車内の暑さで冷たい水が欲しくなります。

この方法ですと、2日間ほど冷たい水が飲めます。

熱中症対策にもなりますので、是非、おためし下さい。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です