一人キャンプの道具と楽しみ方

男が一人でキャンプをする。
たき火の灯りを見ていると時間を忘れる。

たき火が燃える灯りと星空、
イスにもたれてゆっくりと星空を見上げる・・・

すべてから解き放たれて
自分の時間を過ごす贅沢

男の一人キャンプだ

午後2時 キャンプ場でサイトを作る・・

体に染みついた仕事のごみを捨てて、キャンプサイトに到着する。

ちょっと気持ちが軽くなり、忘れていたワクワク感が戻って来る・・

このサイトは自由にデザインできる。
どこにテントを張ろうか、タープやたき火をどこにするか・・・

おもむろにテントを取り出し、セッティングを始める

とりあえず、缶ビールを「プシュッ」とあけて
ローチェアに腰を落とし、飲み干す・・・

午後5時 夕食の準備だ

今晩は、肉を焼こう。1,000円の大きなビーフを2枚買ってきた。
今日は、ご褒美だ

サラダや卵はクーラーボックスで冷やしてある

つまみは、クラッカーにバターを乗せるシンプルなもの

午後6時 焚火に火がともる・・・

セットした焚火台に、まきを組んでいく。

おおきなマキは、ナタで割る。
焚きつけようの、細く割いた木のスティックはモーラナイフで作る。
フェザーに木片に切り込みを入れて燃えやすくして、組んでいく

モーラナイフ>>>こちら

火を着けると、煙を出して燃え始める・・・

ランタンをつける

日没がやってきた。ランタンに火をともす。
ほんのりと明るさがテントとタープをテラス。

小さなランタンは、テントに入れて置く。

マグカップにバーボンをそそぐ

たき火もだんだん火が大きくなってきた。
太い薪をくべる。薄暗くなった夜空に火の粉が上がる

マグカップにストレートでバーボンをそそぐ
良い香りが漂う~

アミで肉を焼く

アミが熱くなってきた

そろそろ大きなビーフを焼き始める
アミの乗せると、脂が落ちて火の粉が上がり煙るが上る

鉄のフライパンにも、油を敷き、ウインナーと卵を入れる

いい加減な料理だ、自由に焼けばいい・・・

炎を見つめる

いつか時間が過ぎて、8時をまわっている

残り火になって、ゆらゆらと熱く炎が泳いでいる

ほろ酔い加減になって、気持ちがいい

何も考えていない、ゆったりと時間が流れていく・・

テントに入る

昼の内に、シュラフを広げて置いた

ミニテーブルにスマホとメガネを置いて

シュラフに潜りこむ

服に付いた、たき火の煙るの匂いがシュラフに広がる

ワイルドな時間だ

自由な時間がゆっくりと過ぎて行く深い眠りへと

関連記事>>>こちら

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です