軽バンで『ダウンシフト』への車中泊一人旅

軽バンで一人旅。一人で旅に出ると全てが解き放されて自由になります。現実社会から離れてリセットすることも叶えてくれる車中泊の一人旅は魅力がいっぱいです。

忙しいし世界をかなぐり捨ててしがらみのない生き方を求めて一人旅にでるのもありですね。全てを一度断ち切ってみると新しい世界が見えてくるかもしれない。

軽バンでシンプルな旅が好きで初めた旅は、さらに『ダウンシフト』というスタイルへ進み始めるつもりです。

何もかも満たされ感謝しながらも自分の生き方がイマイチなのは、本当の自分と向き合うことがなかったからか。

そのためにはシンプルにいつもの相棒の軽バンで一人旅に出るのが良いのかもしれない。

車中泊の一人旅は原点を見つめる旅

人生の中で60代はゴールデンタイム。

体力も気力も時間もお金も多少は自由になる。

こんな時代は二度とこないから、大切にすごしたい。

いろいろなことに流されてきたのであれば、この辺で本当にしたいことを自由に出してもいいと思うようになってきた。

周りを気にして生きなければならなかった時代が長すぎた。

そんな考え方がこびりついているから、この辺で切り替えが必要だ。
そのためにも一人旅というところに自分を置いて
リセットすることもありかな。

ゆっくり景色の中に溶け込んでしまおうか

軽バンはいろいろな所へ連れて行ってくれる相棒なのです。

いろいろ無言で付き合ってくれる相棒が軽バン。
一緒に結構走ってきたのに、
なにも文句ひとつ言わないでどこでも連れて行ってくれるのです。

どこか安心できる場所がを探していたら、そこは軽バンだと最近気がついた。

どこへ行くか決めない一人旅

旅で訪れた場所はまた来るとは限らない。一度だけのその場だけの時間。

だからそこにいる時間を大切に記憶に残して置きたい。

潮風や太陽や船や景色を目に焼き付けるように見ているのが好きなのです。

計画づくめの社会の中で過ごしてきたから、約束の無い、決め事の無い、明日がわからない旅に魅力を感じるのです。それを叶えるのが一人旅なのです。

たぶん。

一人旅は時間がゆっくりと進むのです。

これからも気ままに出かけたいと思っています。

新型コロナの夏