絶景高原の車中泊「道の駅しもごう」と感動の大川羽鳥県立自然公園

朝日に照らされる山々と済んだ空気は、都会の生活をしている自分にはリゾート地であり、明日からまた、がんばろうというエネルギーが体の奥から湧いてきます。

(公開:2018年12月24日、更新:2019年9月13日)

車中泊でしか味わえない贅沢な道の駅が「しもごう」なのですl

絶景の道の駅「しもごう」

この道の駅「しもごう」は、山奥に登ったところに、隠れ家のように静かな山やまに囲まれた標高861mの中腹にあります。

周りを囲む山々の懐にいだかれて、その上空気が美味しくゆっくりと休める場所なのです。何泊でもしたくなります。

こんな山々を車の中から望み、熱燗を一杯やりながら過ぎ去る時間を思うのです。

早朝の「しもごう」は、ツ~んとした新鮮な空気が、体を引き締めてくれます。空気ってこんなに美味しかったかな・・・

春先には、ふきのとうを採りに行きます。

奈良時代からの名湯「湯野上温泉」

ここから国道121号線を30分程会津若松方面に進むと「湯野上温泉」があります。山の中にひっそりとある温泉で、日帰りで入浴もできます。

湯野上温泉の歴史

湯野上温泉観光協会によれば、「湯野上温泉は古く、奈良時代に発見され、「湯の原」と呼ばれ、大川渓谷の岩間の湧き湯を利用した「安楽湯」「箱湯」「舟湯」「猿湯」「舘湯」等々の風呂があったようです。

泉質はアルカリ単純泉、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病に効き、マイナスイオン濃度も高く、身体の芯から温めてくれます!」
■湯野上温泉観光協会 http://www.yunokami.com/

立寄りたい「大川羽鳥県立自然公園」

大川羽鳥県立自然公園と一度は訪れたい景勝地「塔のへつり」

福島県会津地方の南会津東部の下郷町に、国の天然記念物の指定を受けている「塔のへつり」と呼ばれる絶景があります。

100万年の時の流れを経て我々に見せるその妖艶ともいえる姿は時空を超えた感動を与えています。

近辺の観光紹介
下郷町観光協会 ホームページ http://shimogo.jp/

「へつり」とは会津地方の方言で、川に迫った険しい断崖のことを言います。「危険な崖」を意味している通り切り立った崖が、川を両岸から挟んでいてどこか神々しさも備えています。

行き方

場所  福島県南会津郡下郷町

(東北自動車道を利用する場合)
東京方面から→ 白河IC→西郷村→下郷町(約3時間)
仙台方面から→須賀川IC→羽鳥湖→下郷町(約3時間)

国道121号線の「塔のへつり」の案内から、わきに入ると間もなく駐車場があります。その先を下ったところにも駐車場があります。

きれいなトイレがあり安心です。


まとめ

道の駅「しもごう」は、ゆっくり山々に囲まれて休みたいときの隠れ家的な道の駅です。

まだ知られていないため、静かで落ち着いています。車内から見える山々を肴に一杯やると、そこはプライベートなロッジになってしまいます。

一度は是非訪れたいところです。

tabito(旅人)