「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

車旅の原風景・幼いころトラックで父と超えた峠と湖

魅力のひとり旅
この記事は約2分で読めます。

いつから車旅が好きになったのか、いまだにわからないのです。

でも、ひとつだけ鮮明に今でも残っている記憶があります。

父はすでに30年近くまえに元気にあの世に行ったのですが、その父との思い出です。

父はたたき上げの長距離トラックの運転手で主に東北から東京までの区間を定期便で走っていました。

それは昭和30年代の戦後復興の間もないころです。

ぼくはまだ幼稚園に行き始めたころかもしれません。

父は休みになると、会社から小型のピックアップ(トラック)を持ってくることがたまにあったようです。

ある晴れた日、父はぼくをトラックにのせて湖に連れて行ってくれました。

そのトラックは運転席と助手席が繋がったベンチシートです。

お母さんがおにぎりとお茶を水筒にいれてくれました。

何時間走っただろうか・・・

日光 中禅寺湖畔 2021年10月頃

山の峠を越えると青い色の湖が見えてきたのです。

山にある湖にのよこにやってきました。

そこは道幅が狭く、途中にすれ違えるわずかな空き地があって、そこにトラックをとめました。

父は、とらっくから、ベンチシートをはずして持ち出してきました。

そのシートを空き地に置いて、そこで父とぼくはお母さんが作ってくれたおにぎりを食べたのです。

それがものすごくおいしかった記憶があります。あったかいお茶も湖を見て飲むのは、これまた美味しかった記憶が残っています。

ただ、風が吹くと舗装していない山道は砂ホコリがたっていたのを覚えています。

そんな思い出が残っていて、車中泊の旅にでると思い出すのです。

ぼくは何時間でも車の運転ができます。一番遠いのは能登半島の輪島から琵琶湖を経由して東京まで1000㎞をほぼノンストップで運転しても疲れないのです。

カエルの子はカエルなんだな・・・

ぼくが車中泊のひとり旅が好きになった原風景なのかもしれません。

この記事を書いた人
たびと@旅遊び

軽バンやコンパクトカーで車中泊の旅をコンセプトにブログを運営。日本縦断の旅、東北縦断の旅。北陸縦断の旅、九州最南端の旅、温泉巡りの旅などいろいろ経験しています。お金をかけないで、しかも面白く車中泊ができる方法や車中泊の車をDIYで作る方法など紹介しています。

たびと@旅遊びをフォローする
ブログランキング参加中!
「PR」
魅力のひとり旅
たびと@旅遊びをフォローする
タイトルとURLをコピーしました