コンパクトカーで車中泊にチャレンジ!

車中泊では「軽バン」をメインにして国内を回ってきました。今回は、トヨタのパッソで車中泊を計画してみようと思います。

追記2019年3月26日(最後部)

トヨタ「パッソ」1000㏄

車中泊用に軽バンのシンプル化を進めていました。結構シンプルな装備となり軽バンの中は、ガランとしています。

ならば、もう1台のトヨタ「パッソ」で車中泊はどうなのか?

3年目でまだ2万キロレベルです。

なぜパッソかというと、お買い物用車の新古車(走行距離1000㎞)を女房が乗っているのですが、最近ダイエットなどと申して、自転車に乗り換えてしまいハマってしまったのです。

なのでパッソが駐車場に止まっているので、もったいないから使えないかと考えていたところです。

「パッソ」は1000㏄のガソリンエンジンですが、なんと実測で22~24㎞/Lも走るのです。

軽バンが11~12㎞/Lだから、約2倍も燃費がよろしいのですよ!

その上、1000㏄だから馬力は軽バンよりあるので長距離は楽ですね。室内はとても静かで最新のナビとTV、ドラレコがくっついていたのです。ちょっと浮気心が・・・

女房が自由に使ってもいいとお許しがでたので、軽バンから見ると超高級車の「パッソ」で車中泊を企てています。ダイエット様様ですね^^

このパッソはベンチシートですから、運転席側から助手席側に移動が出来ます。

ということは、いろいろ便利なことがあります。それは、またあとで。

後部がフラットになる

助手席を前に押し出し倒すと、まっすぐになって寝るスペースが出来るうえ、軽バンより横幅が5㎝程広いのでそれほど狭くは感じない・・・

マットを敷いて寝てみた・・・これはいける!

室内高は軽バンハイルーフとは比べ物にならない程低いが、頭はぶつからない。あぐらをかいて座っても大丈夫でした。

ミニマムな装備だから、面積としては十分と言える広さだ。ソーラーパネルは50w1枚で折りたたみにすれば、なんとかなる。

後部座席の下の隙間に、サブバッテリーは2台が丁度収まるのです。

北海道へ試し乗り計画

5000㎞~6000㎞の車旅を計画しています。シュラフとコッヘル、バーナー、着替えとクーラーボックス+小物程度の装備で考えているので、問題はない。

費用の差は?

ガソリン代 6000㎞分

軽バンの場合

6000㎞÷11㎞/L=約545L  
137円/Lだから 137円/L×545L=約74,665円

パッソの場合 約半額です。

6000㎞÷22㎞/L=273L
137円/Lだから 137円/L×273L=約37,500円

高速道路は使わないので、下道をたらたらと走るので燃費もいいはず・・・

37,000円あれば、1日1,000円の食費で37日分になるな~

狭いが、経費には代えられない

宇宙飛行船のコックピットより広い「パッソ号」なる乗り物ですが、長距離では活躍するかもしれないので、この車で挑戦をしてみようと考えています。

tabito(旅人)

追記:車旅での持ち物を最小限にする!

追記 2019年3月26日

軽バンでは広いので持ち物が多くなりました。それだけ積めたという事です。

しかし、トヨタ「パッソ」というコンパクトカーではそうはいきません。

選りすぐった持ち物を並べてみました。

まるで登山ですね・・・

登山用マット(サーマレスト)、シュラフ(モンベルダウンハガー800#3)、ウィンドブレーカ―兼雨具(モンベル)、コッヘル大小セット(スノーピーク)、カップ(キャプテンスタッグ)、バーナー(Soto氷点下OK)、ガス、ラジオ、はし、ナイフ(モーラナイフ)、キッチンバサミ、水筒(ナルゲン製 お湯・氷点下OK)、ランタン(ジェントス)、カメラ(パナソニック)

これだけで、あとは現地で不足分は調達すればいいのです、30Lのザックに入ってしまいます。

今年はこれを車旅・車中泊セット(ミニマムセット)と名付けて、一つにまとめて置けば、いつでも身軽に出かけられますね。

一昼夜、試験しに行ってきます。

tabito(旅人)

追記:やはり狭かった!

追記:2019年3月28日

頭で考えるのと実際にやってみるのとは違いました。

コンパクトカーでの試験車中泊では、1~2泊程度なら問題なく過ごせます。しかし、10日以上の車中泊では、車内に「遊び」が無いため厳しいものになりそうです。

やはり、長旅では居住性が必要であることが分かりました。

よって、北海道は軽バンで行く事にしました。ガソリン代がかさみますが居住性には代えられないためです。

tabito(旅人)

4 Replies to “コンパクトカーで車中泊にチャレンジ!”

  1. こんにちは~
    北海道は下道でも直線道路が多くて本州よりも燃費よく走行できますよ。 ただし、道北や山間部はGSが少ないので残量を確認しながら早め早めの給油をお奨めします。 
    食料は道内最強コンビニのセーコマートがあちこちにありますから便利です。
    日帰り温泉が多いし安い、北海道の車中泊旅では温泉無料入浴券が付いた旬の情報やおすすめスポットなどのローカル情報誌HO(ほ)がお奨めです。
    エゾジカやキタキツネが多く幹線道路でも飛び出しますので注意してください。
    楽しい車旅になりますように。

    1. ありがとうございます! 北海道の情報を頂きまして助かります。参考にして早めの給油とシカにぶつからないように注意します。雪が解けたころを予定しています。

      1. 北海道は千葉と比べて寒いですよ。
        本州から車旅する人が増えるのは6月から7月です。 
        7月3日のサロマ湖畔は12℃まで下がりましたので衣類はそれなりに用意して楽しんでください。
        半袖半ズボンしか持ってこなかった旅人は震えてました。(笑)

        1. 情報ありがとうございます。結構冷えるのですね。
          危ないところでした。

          5月頃から早めに行こうかと検討しています。

          海岸沿いを一周してみるのが夢です!

          大間か、青森か、どちらから行こうかと思案中です。

海野 良竿 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です