車中泊で使う寝袋の温度基準を確認する方法

車中泊で使う寝袋は何℃まで快適なのか温度基準の見方を紹介します。季節が夏から秋から冬へと変わると夏とは違い用意するグッズも暖かいものへと変わります。

その中でも重要なグッズが、車内で使う寝袋。秋冬の車中泊で快適に使える寝袋の温度基準の見方を説明します。また、寝袋と一緒に使うマットについても断熱効果を紹介します。

車中泊で使う寝袋の温度基準

寝袋は寒さから命を守るために必要な道具です。寝袋には夏用や3シーズン用、雪山用など様々な種類があります。一方品質もピンからキリまであり、選び方を間違えたり安い寝袋を買ってしまったために冬場に寒い思いをすることもあります。

寝袋は選ぶときに注意が必要なのです。

その寝袋には使用可能な温度の基準がありますので紹介していきます。

寝袋の温度表記には基準がある

寝袋には、何℃の外気温まで快適に使えるのか温度表記が表示されています。この温度表記には国際基準があります。EU諸国における統一規格「ヨーロピアン・ノーム(EN13537規格 )」という基準です。

ヨーロピアン・ノームという基準の見方を説明します。

ヨーロピアン・ノームは写真の様に寝袋に表示されています。その基準温度の基準は3段階で表示されています。

寝袋の3種類の温度表記
寝袋の3種類の温度表記

モンベル ダウンハガー800#3(Amazon)

寝袋の3種類の温度表記

それでは寝袋に表示されている3種類の温度基準について説明します。この部分は命に関係する重要な数字ですから頭に入れておくと寝袋を購入するときの基準になります。

3種類の温度基準は、Comfort (快適使用温度)、Limit (下限温度)、Extreme(非常に危険)です。それぞれの項目を説明します。

Comfort (快適使用温度)

一般的な成人女性が寒さを感じることなく寝ることができる温度域とされています(快適使用温度)。一般的に女性は男性よりも寒さを感じやすいので約5℃程度高く使用温度を算出しています。

Limit (下限温度)

一般的な成人男性が寝袋の中で丸くなり、8時間寝られる温度域とされます(下限温度)。
これよりも低い温度は、リスクのある温度域となります。

Extreme(非常に危険)

一般的な女性がスリーピングバックの中でひざを抱えるくらい丸くなった状態で6時間までなら耐えられる温度域とされます。体は震えを起こすことで熱をつくりだそうとし、基礎代謝量が増えます。なお、この温度域で使用すると低体温症になる恐れがあり、非常に危険です。

車中泊の環境による寝袋の選び方

車中泊で使う寝袋を選ぶときには説明したヨーロピアン・ノームの温度基準を参考にしてどんな環境で使うのかを検討してから選ぶことをおすすめします。

車中泊を夏の暑い時期で平地なら夏用の薄い寝袋が2000円程度から売っているので間に合います。重要なのは秋から春にかけての寒い時期での使用です。ここで温度基準を考えないで選んでしますと車内でブルブルと震える夜を迎えることになります。

ヨーロピアン・ノームの基準で重要なのは「Comfort (快適使用温度)」で一般的な成人女性が寒さを感じることなく寝ることができる温度域とされています。男性よりも5℃高い温度での設定基準となっています。

快適な温度と思いがちですが、この温度でも真冬に使うとギリギリに感じます。まして最低温度「Limit (下限温度)」が写真の様に「ー2℃」だからそこまで使えると思わない方が安全です。この下限温度は人が寝袋のなかで寒いからまるまって寝てなんとか8時間耐えられる温度です。耐えられる温度であり快適な温度ではありません

なので寝袋は安物を買うとこの辺の基準があいまいです。以前スウェーデンのー16℃まで使えるとなっていて買ってみたら、まったく0℃でも寒いくらいでした。

温度表記方法はメーカー独自に設けているところもあります。どんな温度なのか具体的に購入する特に店員さんい確認することが大事です。ネットで確認せずに買ってしまうと真冬に寒いことになりますのでご注意ください。


車中泊用マットの温度基準

ここではマットの温度基準も説明します。マットにも温度に関する表記があります。写真の様なマットは登山用で軽くて丈夫でよくできています。

車中泊の車の中で、断熱効果で暖かく、床の凹凸を軽減したりと活躍します。

サーマレストです。コンパクトカー パッソです。なんとか寝れます。

車中泊で使うぐるぐる巻きで収納するタイプのマットです。正確には、ロール収納式のクローズドセル・マットレスです。この種のマットは、温かく温められた空気が表面の凹凸に閉じ込めて温かさを保つ構造になって快適なのです。どれだけ寒さからの断熱効果があるかが、ひとつの目安になります。

マットの断熱効果の基準

マットの断熱効果には「R価」とよばれる温度基準があります。例えば上の写真のマットで、メーカーが表示している仕様があり、下の表のようになっています。

重要な数字は、太字にしてある「R価」です。ここでは、2.8となっています。

サイズSRL
カラーシルバー/セージシルバー/セージシルバー/セージ
大きさ51×122cm51×183cm63×196cm
材質架橋ポリエチレン架橋ポリエチレン架橋ポリエチレン
厚さ1.5cm1.5cm1.5cm
収納サイズ51×17cm51×20cm63×22cm
R値*
2.82.82.8
生産国Made in USAMade in USAMade in USA

R値(熱抵抗値)は、部位の熱の通りづらさを表す数値で範囲は1~10です。単位は(㎡K/W)になります。R値の説明をしていきます。

マットの「R価」の基準

断熱効果を家を作る時に使う断熱材で説明します。家屋で使う高性能の断熱材のロックウールは、厚さ10センチで「R2.6」です。

写真の車中泊で人気のマット「リッジレスト ソーライト」厚さ1.5センチで「R2.8」とさらに断熱効果が高くなっています。

つまり、家屋に使う高性能の 厚さ10センチの断熱材と、厚さ1.5センチのマットが同じ断熱効果があるということです。とても暖かいのです。

「R2.8」の体感温度

実際に車中泊でサーマレスト「リッジレスト ソーライト」を使ってみました。

寝袋の下に敷いてあるのが「R2.8」のサーマレスト「リッジレスト ソーライト」
寝袋の下に敷いてあるのが「R2.8」のサーマレスト「リッジレスト ソーライト」

外気温-2℃車内温度0℃での使用体験ですが、軽バンの床板からの冷気はほとんど感じません。逆に窓からの冷気が冷たく感じるくらいです。暑さが1.5センチなので背中や腰が暖かく感じます。床面での寒さは問題ありませんでした。

極寒の冬では床面よりも寝袋の足の方が冷えるので寝袋の上から毛布でも1枚掛けると雲泥の差となり快適になります。

■THERMAREST ソーライト(Amazon)

モンベル ダウンハガー800#3(Amazon)

まとめ

決して高価なシュラフやマットは要りませんが、安いものだと冬は命の危険を感じますので、数値を確認して選ぶとよいとおもいます。

tabito(旅人)