車旅【大分県湯布院】おすすめ野蒜山荘

日本の温泉を探しながら車旅をしていました。日本では有名な大分県湯布院温泉があり、隠れ家のような大人の雰囲気が満ちている「野蒜山荘」を紹介します。

野蒜山荘、何と読むのか?

「野蒜」は「のびる」と読みます。湯布院の町を見下ろす山の中腹にある温泉宿です。大分空港からレンタカーで行きました。

野蒜山荘の入口です。趣があります。
野蒜山荘の入口です。趣があります。

なかなか雰囲気のある温泉宿で、昭和の香りがするたたずまいです。

部屋は和室で本物の時代を感じる作りです。リラックスしますね。

露天風呂は、川のせせらぎを聞きながら・・・

宿に着くや否や館内の温泉の探検と入浴巡りのスタートです。

部屋から露天風呂までは、長い廊下をあるいていくのです。途中には家族風呂がいくつもあるのです。空いていれば自由に入れます。

風呂までの廊下
露天風呂までの廊下

廊下をどんどん歩いていくと露天風呂の入口があります。

男女別露天風呂入口
男女別露天風呂入口

露天風呂の入口で男女に分かれます。

露天風呂がありました。土点風呂の下には川が流れていて、せせらぎを聞きながら入る露天風呂は最高です。

男性用露天風呂
男性用露天風呂

男性用の露天風呂です。正面の下に川が流れています。

透明なお湯ですが、湯布院の温泉は熱いのです。午後早めのチェックインだったので、露天風呂は貸切状態でラッキーです。

1人きりで、自然の姿のままで、大の字になって温泉に浸かる幸せは、なんとも言えない気持ち良さです。

露天風呂の手前には、内風呂があります。熱めのお湯がふんだんに流れてきます。ここだけでも大満足の温泉なのです。

内風呂は贅沢な湯量で大満足です

このお湯が、とても柔らかくて気持ちがいいのです。湯布院のお湯はいいですね。何時間でも入っていたいのです。のぼせてしまいますが・・

露天風呂手前の内風呂
露天風呂手前の内風呂

野蒜山荘は、高い場所にあるので泉質も違います。

女将さんから聞いたのですが、湯布院でも野蒜山荘がある標高の高い場所からでる温泉は、下の方の温泉と違うそうです。

熊本地震では、お湯が濁り大変だったそうですが現在の様に澄んだきれいなお湯に戻ってホットしたそうです。

予約不要、家族風呂が点々といくつもあります。

家族風呂がいくつもあります。予約はいりませんので、空いていれば使えます。2か所入りました。

家族風呂といえども、露天や内風呂が贅沢

家族風呂の温泉は、お湯があふれています。
家族風呂の温泉は、お湯があふれています。

こんな大きな湯舟がある、家族風呂もあるのです。これだけで一つの温泉ですね。

家族風呂の温泉
家族風呂の温泉

温泉付きの部屋の泊まりました。

これは贅沢な話ですが、部屋の横に露天風呂の温泉が付いているのです。部屋から、そのまま温泉にザブン~!

夜も朝も、何回も入ってしましました。

もちろん露天風呂や家族風呂も満喫しました。

部屋の半露天風呂。
部屋の半露天風呂。

食事がすごい(写真撮影をしなかった)

コースで大分や湯布院、別府名物など食べきれない程のメニューで大満足です。食後のコーヒーとデザートが特産のカボスで作ったケーキなのです。

専門店をはしごした感じです。

料理だけでも、宿泊費以上のお得感がありました。別府、湯布院の専門店を何件も回ったと同じ内容です。

最後にもう一軒、日帰り温泉に入る。

チェックインが終わり東京に変えるのですが、湯布院をブラブラとドライブしていると、由布岳が見える温泉に入りたいと女房が言います。

山のホテル 夢想園  10時~日帰り露天風呂

そこで、最後に有名な露天風呂に入りました。由布岳を望む露天風呂は、大きいのです。円形の回るプールの様です。

一周回りながら温泉に浸かりました。その時駐車場でのんだジュースは美味しかったです。

バックは由布岳です。
バックは由布岳です。

湯布院はおすすめです。

車中泊で九州は一周しましたが、ゆっくり温泉を楽しむことがありませんでした。今回は永年の慰労をかねて女房との温泉旅行でした。

男一人の車中泊は、ストイックな冒険の旅ですが、女房が一緒だと、食と温泉と観光が合体したリッチな旅になります^^

大分の温泉は大好きになりました。また、リピートする予定です。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です