車中泊から「旅を楽しむ」車旅にシフト

60代前後の最も貯蓄の高い世代の方々に人気の車中泊はここにきてひと段落した感じがします。

車中泊用の軽バンからキャンピングカーに至るまで様々なチョイスの幅が広がりました。

自作の車中泊用の車のノウハウも研究されて一段とスキルが上がってきました。

ハードウエアに等しい車中泊グッズと車の改造がほぼ成熟してきたようで、人気はソフトウエアに当たる「旅」へとシフトしてきたようです。

車中泊の人気は2019年9月辺りをピークに落ち着いてきたようです

車中泊の楽しみ方に変化

それまでは、非日常から脱出して大自然の中で車中泊そのものを楽しむスタイルが主流でした。

車が自分の城として居住できるほどに快適な空間に仕上げてきました。

ノウハウもネット上で広く公開されて、車中泊はだれでも簡単にできるようになりました。

次のステップは「旅」を楽しむ

車中泊のスタイルが成熟してくると次のステップは「旅」をいかに楽しむかにシフトしてきます。

昨年あたりから「車旅」「車で旅をする」という検索が増加傾向に変わってきました。

事実、軽バンの改造がほぼ完成に近づいてくると、次に考えるのは「旅のノウハウ」になってきます。

車旅ならではの「美味しい海産物を提供する地方の店」とか「その道の駅でしか手に入らない食材」とか、まだあまり知られていない情報を検索しているのです。

車に泊まりながらその土地を楽しむ

新潟

目的が車中泊の旅から車中泊を利用してその土地を楽しむスタイルへの関心度が高まっています。

車中泊では定番の日帰り温泉巡り、それも秘湯を目指したり、市場巡りでその場で捕りたて食材を食べたり。

アトラクションを楽しむように旅の中身に興味がシフトしてきたようです。

日本一周の車旅から日本のポイント車旅へ

日本一周の旅も2週目が終わると、終わったな~という感じです。

次のスタイルは、現地まで旅をしながら到着するパターンから、現地までを短縮し、その代わり現地でどれだけ楽しむかというものです。

それをメインにした車中泊のスタイルに変更して身軽に日本をポイントで攻めていくことを考えています。

車中泊セットをつくる

鉄道でも航空機でもバスでもあるゆる交通機関を利用してポイントでめざします。

そこで車中泊用の車を調達して近辺を楽しむのです。

その為には、車中泊セットとコンパクトにまとめて移動スタイルです。

それまでは車中泊の車を作り全てをセットして移動する旅を楽しんできたのですが、次はそのようなスタイルです。

車旅・車中泊セット

今まで車中泊でそろえた道具類は相当に考えにいた末に集めたものです。

  • バーナー
  • コッヘル
  • ソロテント
  • 寝袋
  • マット
  • ランタン
  • WiFI
  • PC

これらをコンパクトにセットして、現地の車にうまくセットできるように用意します。

これは、ミニマル旅行用に作って試したセットで30Lのザックに入ります。

まるで登山ですね!

人間旅を繰り返すとシンプルになっていくような気がします。

おわりに

新しいスタイルを考えている車中泊の車旅です。

走る事の楽しみを保ったまま現地の滞在時間を増やして、旅そのものを楽しむ計画を始めようと思います。

目標が高いほど、チャレンジをしたくなるんです。

tabito(旅人)