軽バンで車旅「100万年の秘境と温泉」その絶景な道の駅とは?

まだ知られていない秘境。その隣の高原にある絶景な道の駅。今回、3度訪れたこのエリアを紹介します。

秘境、温泉、高原が3つ揃った絶景のエリア

人があまり来ない静かな山深い場所に、100万年の時間をこえた秘境がります。そこは福島県の会津地方の山の中です。

このエリアは冬は豪雪地帯です。春先から山菜取りなどで訪れます。

100万円の時代を越えてきた塔のへつりと奈良時代からつづく温泉と山の中腹にある絶景な道の駅がせっとになった場所です。

こんな場所は、なかなかみつかりません。ついつい何度もあしを運んでしまします。

塔のへつりとは?

その景色をみると、「ここはどこか?」と錯覚するほどの絶景に出会う事ができます。塔のへつりです。

「へつり」とは会津地方の方言で、川に迫った険しい断崖のことを言います。「危険な崖」を意味している通り切り立った崖が、川を両岸から挟んでいてどこか神々しさも備えています。

塔のへつり
塔のへつり

奈良時代からつづく「湯野上温泉」

国道121号線を30分程会津若松方面に進むと「湯野上温泉」があります。日帰り温泉で一汗ながしてさっぱりです。

「湯野上温泉」は古く奈良時代に発見され、泉質はアルカリ単純泉、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病に効き、マイナスイオン濃度も高く、身体の芯から温めてくれます!

鉄橋の右側が「湯野上温泉駅」
鉄橋の右側が「湯野上温泉駅」

道の駅「しもごう」

この道の駅「しもごう」は、塔のへつりから30分程、山を少し登ったところにあります。周りを山々にかこまれていて、空気が美味しくゆっくりと休める場所です。

この道の駅しもごうの魅力は、きれいな空気と鳥のさえずりと山々の景色です。いろいろな事を忘れてしまいます。

大きく手を広げて、山々から新鮮な空気を胸いっぱい吸い込むと、気分は総会になります。ほんとうにキレイな場所です。

道の駅しもごう 福島県下郷町
道の駅しもごう 福島県下郷町

この道の駅しもごうを拠点として楽しむことができます。会津若松の鶴ヶ城やこの駅から近い大内宿があります。

会津西街道をめぐる。

大内宿は、TVでも紹介されたりと有名になってしまいました。 江戸時代の宿場の面影を今もそのままに残した貴重な村です。こも奥会津を通る街道は会津西街道または南山通りと呼ばれ、 会津若松と日光今市を結ぶ重要な道でした。

會津 鶴ヶ城 5月の桜が満開の時期
會津 鶴ヶ城 5月の桜が満開の時期

車旅のアドバイス

2泊あるとゆっくり堪能できます。また、東山温泉でホテルに宿泊するコースもおすすめします。

道の駅 しもごう 標高861.41m 涼しい
道の駅 しもごう 標高861.41m 涼しい

おいしい地酒をちょっと頂きながら、古くからの伝統文化を味わうのは、いかがでしょうか。

場所  福島県南会津郡下郷町
(東北自動車道を利用する場合)
東京方面から→ 白河IC→西郷村→下郷町(約3時間)
仙台方面から→須賀川IC→羽鳥湖→下郷町(約3時間)

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です