「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

【金沢ひとり旅】近江町市場の海鮮丼の魅力

魅力のひとり旅
この記事は約3分で読めます。

ひとり旅の楽しみは美味しいものを食べること。

せっかく金沢を旅しているので、近江町市場へ海鮮丼を食べに行くことにした。

そこで見た北陸金沢の海鮮丼はド迫力があった!

「PR」

車中泊のひとり旅で食べた海鮮丼

車中泊の旅ではいろんなところで海鮮丼を食べました。

とはいってもそんなにたくさん食べたわけではありませんが、おいしそうだとついつい・・・

北海道では小樽で食べた海鮮丼がおいしかった。

小樽で食べた海鮮丼3,700円と高価

ついでに札幌で食べた海鮮丼はランチです。

ランチにしては結構な盛りです。

札幌すすきので食べた1,000円の海鮮丼

これは登別温泉郷で食べた海鮮丼とマグロです。

登別温泉街で食べた海鮮丼

当日は悪天候でウニの入荷が無かったのでカニに変更してくれました。

また、マグロは「羽幌町」(はぼろ)産の天然ものです。

天然本マグロは「羽幌町」(はぼろ)産

次は静岡沼津港で食べた漁師の海鮮丼。

市場で魚を直接買い付けてくるそうで、新鮮さとおいしさは格別。

彩は華やかではありませんが、その味は絶品といえます。

沼津漁港の地魚海鮮丼

地魚をメインにした珍しい具材がたっぷりです。

沼津ではシラスがおいしいのでシラスの海鮮丼があります。

沼津のシラス海鮮丼

これは静岡県の浜松で食べた地魚のお刺身です。

浜松の地魚盛り

千葉県房総半島では地魚をメインにした海鮮丼が食べられます。

房総はお魚が美味しいエリアで、地魚も上がります。

千葉県房総の海鮮丼

この海鮮丼は千葉県房総の漁協が運営している番屋のもの。

今朝あがった地魚をたっぷりつかった海鮮丼。

プリプリの刺身はとれたてだからと言えます。

福井県の東尋坊のお店で食べた海鮮丼はこんな感じ。

福井県東尋坊の海鮮丼 カニがたくさん

どの海鮮丼もそれそれ特長があってとっても美味しいのです。

では北陸金沢の近江町市場の海鮮丼はどこが違うのでしょうか?

金沢「近江町市場」の海鮮丼

金沢 近江町市場 海鮮丼「ひら井」

金沢の近江町市場の2階に上がると海鮮丼のお店があった。

前知識なしで、雰囲気を肌で感じて、おいしそうなお店に入る。

そこで食べたのが「能登極丼」2,700円です。

近江町市場の海鮮丼「能登極丼」2,700円

イカには金箔がのせてありさすが加賀100万石の海鮮丼らしい。

この海鮮丼が今まで食べた海鮮丼と大きく違うのは、

  • ネタが折りたたんである。
  • ネタがかなり大振りで厚い。
  • これでもかというほど海鮮ネタがたっぷり。
  • 酢飯の量がたっぷりどんぶりの底まである。

海鮮丼にのっている刺身を箸でとると、刺身が2~3つ折りになっている。

これには驚きました。平らに伸ばすと倍はある大きさに!

これが所狭しとどんぶりにのっているから、食べると大満足なのです。

さらに金箔が真っ白なイカのうえにのっていて豪華さを醸し出している。

美味しい北陸のお米の酢飯は、おそらくどんぶり一杯分が盛られているのです。

どんぶりは見た目以上に深さがあり、それが大きく見えない。

はじめは普通の海鮮丼に見えるのですが、食べていくうちにその分量に驚くのです。

しかも、おいしさは絶品!

北陸金沢の海鮮丼には魅力がたっぷり!

金沢で海鮮丼をたべるのにハマってしまいました。

他県の海鮮丼はどれも美味しいです。

しかし、北陸金沢の海鮮丼はどこか違うのは気のせいでしょうか?

比較はできませんが、金沢の海鮮丼には特別な魅力があるように実感しました。

この記事を書いた人
たびと@旅遊び

軽バンやコンパクトカーで車中泊の旅をコンセプトにブログを運営。日本縦断の旅、東北縦断の旅。北陸縦断の旅、九州最南端の旅、温泉巡りの旅などいろいろ経験しています。お金をかけないで、しかも面白く車中泊ができる方法や車中泊の車をDIYで作る方法など紹介しています。

たびと@旅遊びをフォローする
ブログランキング参加中!
「PR」
魅力のひとり旅
たびと@旅遊びをフォローする
タイトルとURLをコピーしました