60代ひとり旅を遊ぶ!自分を解き放す魅力

魅力のひとり旅
この記事は約4分で読めます。

気が付くとあれほど無収入になるのが不安だった定年退職をとっくに過ぎてしまった。只今、無収入の真っただ中にいて、やっと年金生活に慣れてきたようです。

考えてみればよく元気でここまで生きてきたものです。家族、仕事仲間、友人などたくさんの方々に出会って生きてきました。こんなぼくでもみんなと共に生きてこれたことに、いまさらながら感謝なのです。

しかし、なぜか人生の終盤になると「ひとり旅」がしたくなるのでしょうか?

多くの仲間と共に楽しんできた時期もあったのですが、ひとりになりたくなるのです。そしてひとり旅に出るのが妙にわくわくしてくるのです。理由はよくわかりません。

スポンサーリンク

落ち着いた旅ができる60代

自分だけの旅の居場所
自分だけの旅の居場所

60代ともなると人はそれぞれ多くの経験を重ねて生きてきたことで人間力もしっかりと身についている年代。

だからいまさらおしゃれにかっこよく旅をしようとは、そんなに思わないのです。どちらかというと普段着で力を抜いて旅に出たいもの。人に迷惑をかけないなら、まわりからどうみられようが、最後は自由に自分を生きていいと考えます。

だから本音で旅に出たい。飾ることもなく自分丸出しの旅に出たいと思う。

やっとそんな大人のひとり旅ができる年代になった60代。

久しぶりにひとりになる

ひとりだけで旅にでるのは久しぶりだ・・・

そんな時がやってきます。ひとりで旅に出るまではいろいろ不安もあるのですが、いざ出発の日をむかえて家を離れた瞬間からぼくだけのひとり旅が始まる。

なんのしがらみもないひとり旅にワクワクしてくる時。この時が意外に大好きです。

60代「車中泊」とは

中禅寺湖への途中
中禅寺湖への途中

小さな軽バンだったり、コンパクトカーだったり、その時々で旅にでる車は違います。2週間以上のひとり旅は軽バンで出かけます。

3泊までの短期間のひとり旅ならコンパクトカーで身軽に出かけます。

60代は人生のまさにゴールデンタイム。人生で二度とない恵まれた時代。それは定年退職したばかりで体もまだ無理が効くし、目もまだ見える。頭も記憶はわるくなったけでボケてはいない。定年後でまだ退職金も残っている。そしてたっぷりと自由に使える時間がある。

こんな年代だからこそ、車を使ったひとり旅ができるというもの。

先日、自転車で日本一周をしようとワクワクしたのです。45年ぶりにです。実は若いころ自転車で日本を走っていましたが一周はできませんでした。日本一周の夢がまだ途中だった。でも現在の自分をよく見てみたら体力も筋力も落ちて自転車をこぐパワーなどどこかに消えていました・・・

だから車旅がちょうど夢を叶えてくれるのです。夢の途中を実現できるのも60代の車中泊かもしれません。

ひとり旅の魅力

ひとりになると見えてくるものがある
ひとりになると見えてくるものがある

ひとりになるとぼ~っとします。ある面思考が止まるというか、それまでのしがらみの世界から自由な世界へと縛りから開放された感じ。どこか気持ちがいいのです。

なんのしがらみも目標も、そして人を気にすることもない世界に身を置くからしばらくはぼ~っとしているだけ。

徐々にいろいろ自然に頭のなかにいろいろ浮かんできます。それもリアルに走馬灯のように過去から最近までのいろんなことがどんどん出てきます。車中泊で星空を眺めながらひとりでお酒をのんでいると、実に「なんかいいな・・・」と訳がわからないのですが、グッと落ち着くのです。

そんなひとり旅も日数が経つにつれて、こんどは「なにかチャレンジしてみたい!」というマグマのようなものが自分の心の奥底から吹き出してきます。なぜか元気がみなぎってくるのです。

いつしか野生のおっさんの様に元気でワクワクした男になった気がしてなぜか嬉しいのです。理由はよくわかりませんが、そうなってくるのです。

そして今、久しぶりの長期のひとり旅を計画。また、仕切り直して新しいひとり旅が始まろうとしているのです。今度の車はとっても小さなコンパクトカーでのチャレンジ。

ダンボールなど無料の素材をリサイクルしてSDGsを意識した旅を目指そうとこころの中から本気で思い始めました。

人生で最後に残ったものが輝いてくる60代

太平洋独りぼっちを達成した冒険家のことを思い出しました。1962年、堀江謙一さんは約3か月かけて小型ヨット「マーメイド」で太平洋単独無寄港横断に成功したことは有名です。

あの方の気持ちが見えてきたようです。

今年83才で今度はアメリカから日本に向けてひとり航海。3月27日にアメリカのサンフランシスコを出航しました。今頃はハワイあたりを通過しているころでしょうか。

人は年を重ねると、若い時とはちがう「大人のひとり旅」に出たくなるのです。それもシンプルにコンパクトで工夫が必要で不便な旅がおもしろい。

ここまで生きてきて最後まで残ったものが輝き出すのが60代かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました