車中泊の車「自動車保険」の見直しで保険料を安くする方法

車中泊をしながら車旅をする上で重要なのが自動車保険です。最近主流になってきたダイレクト型自動車保険はネットで契約できる便利な仕組みです。

そこで、中間マージンを省いた「ダイレクト型」自動車保険を使って、保険料を見直して安くしようという内容です。参考にご覧ください。

1.走行距離で自動車保険料が違うとは?

自動車の走行距離が短いと保険料は安く、逆に走行距離が長いと保険料は高くなります。

理由は、走行距離が短いと自動車に乗っている時間が短いので事故に遭遇するリスクが少ないから、その分保険料が安いのです。

一方、走行距離が長いと乗ってる時間が長く事故のリスクが高くなるので保険料が高いのです。

車旅の場合は、走行距離が長いから自動車保険料が高そうですね!

走行距離が同じでも保険会社で違う仕組み

同じ距離を走る場合でも、保険会社によって保険料に差が出てしまいます。その仕組みを説明します。

走行距離の告知方法

保険料に差が出るのは、保険会社によって契約時の「走行距離」の告知方法が違うからです。その告知方法は2種類に分かれます。

(1)過去1年間の走行距離を告知する方法

保険契約時に、「過去1年間の走行距離」を告知します。自分で1年間に何キロ走行したかを記録しておく必要があります。走行距離の申請方法は、保険会社で違います。PCから入力する場合もあります。

仮に申請した走行距離を超えた場合でも、その年の保険料は変わらない会社が多いです。

(2)1年間の予測走行距離を告知する方法

「1年間の走行距離を予測」して保険契約時に告知します。そのため告知が難しい場合があります。

例えば、「昨年と同じ走行距離の予定で告知」して保険料を支払いました。しかし、特殊なことが起こり、予告した走行距離を超えた場合です。

この場合は、予測を超えた距離を報告して、追加の保険料金を支払わなくてはなりません。

当然ですが、去年の走行距離より予測が少なくなる場合は、前年よりも保険料は安くなります。

告知する時の走行距離の目安

年間何キロ位を走行するかの一般的な目安です。参考にしましょう。

目安は2つあります。「日常、レジャー」で使う場合と、「通学・通勤、業務」で使う場合です。

これ位走ると「年間走行距離に近いよ」という目安です。

例えば
「わたしは車は持っているけど、あまり車には乗りません。乗るとすれば休日に、近所に買い物に行く程度です」
又は、
「通勤で週5日位、往復10km位乗ります」

どちらかの場合、年間走行距離は、3,000㎞以下の予測となります。

年間走行距離日常、レジャー通勤・通学、業務
3,000km以下あまり乗らない、休日に近所に買い物に行く程度週5日、往復10km以下
3,001~5,000km平日・休日に近所に買い物に行くのがメイン週5日、往復15km程度
5,001~7,000km毎日のように使用し、月に一度はロングドライブ週5日、往復25km程度
7,001~10,000km毎日のように使用し、週に一度はロングドライブ週5日、往復35km程度
10,001~12,000km毎日のように使用し、週に一度はロングドライブ、旅行や帰省に使用することもある週5日、往復45km程度
12,001~15,000km毎日のように使用し、週に一度はロングドライブ、月に一度は旅行や帰省に使用する週5日、往復55km程度
15,001~20,000km毎日使用し、頻繁にロングドライブ週5日、往復70km程度
20,000km超毎日使用し、頻繁にロングドライブ週5日、往復90km以上

うその告知は保険料が出ないことも

保険料を安くするために、ウソの走行距離を申請したとします。

結果として事故に遭遇したときに事故や保険の調査があり、ウソの申請が判明すると保険金が支払われないので、絶対ウソはやめましょう。

支払った保険金の払い損となってしまします。


2.自動車保険には「年齢条件」がある?

年齢条件とは、なにかを調べました。

運転者の年齢条件

運転者の年齢条件とは、自動車保険を契約する際にあらかじめ契約対象の車を運転する人の年齢を制限する事で保険料が安くなる仕組みです。

つまり、自動車保険の対象となる自動車があります。その車を運転する人の年齢をあらかじめ制限しますよということです。

そうすると、制限があるため保険料金が安くなる仕組みなのです。

年齢が高い方が保険料が安い・・・

年齢条件の年齢が高い方が保険料が安くなり、全年齢を対象とすると保険料は高くなります。

10代や20代は事故を起こしやすいので、その年代が自動車を運転しなければ事故の確率も下がるために保険料も安くなるということです。

つまり、年齢を重ねるごとに、運転が慎重になり事故を起こす確率が少ないことが理由なのですね。

「年齢条件」の基準は?

一般的に以下の様な区分があるのです。保険会社により多少の違いがあるようです。

  • 全年齢補償 <<<<< 一番保険料が高い
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償 *設定の無い保険会社もあるようです。

何歳以上なら自動車保険の補償対象ですよ、という区分けですね。

別居している子供の年齢は対象外?

そうなんです。よく間違える方が多いそうです。

例えば、大学進学で親元(ご両親)から離れて別所している子供がいるとします。ほかに同居人はいない。

事例
「子供がたまに帰ってきて自動車を運転するから、年齢条件を子供の年齢に合わせなければならない」

結論>>> 別居の子供は年齢条件には関係なし

結果とした、別居している子供は「年齢条件」に関係無いのです。

年齢条件に該当する人は、だれ?

*記名被保険者(車を主に運転する人)
*記名被保険者の配偶者
*(記名被保険者またはその配偶者の)同居の親族

事例の場合は、ご両親が「年齢条件」の対象となるのですね。

高齢者の場合も安くなる?

近年、高齢者の事故による保険金の支払が多くなっていることから、主な運転者の年齢が60歳以上の場合に保険料を高くする保険会社も出てきてるようです。

3.保険料を安くする方法を説明します。

初めに自動車保険の加入方法を確認しましょう。2種類あります。

自動車保険の「ダイレクト型」「代理店型」

自動車保険の主な加入方法は「ダイレクト型」と「代理店型」があります。

ダイレクト型

インターネットや電話などを通して、お客さま自身が保険会社と直接、契約・更新・変更などの手続きを行える保険です。

  • インターネットを利用して中間コストを省略するので保険料が割安です。
  • インターネットの利用で、時間・場所に関係なく保険契約が可能です。
  • 不明点はコンタクトセンターで説明が受けられるので安心です。

代理店型

保険会社が特定の店舗を有し、店舗やご自宅などで担当者と相談をしながら手続きを行える保険です。

  • 代理店の担当者と直接会ので、顔が見える安心感があります。
  • 自動車販売店が保険代理店契約をしている場合も多く、車の購入と同時に保険の手続きをする事ができます。

ダイレクト型で保険料を安く

圧倒的にダイレクト型が保険料は安くなりますので、こちらを選ぶことをおすすめします。

代理店型を選ぶ場合は、ディーラーがおすすめするフルスペックの保険に加入する可能性もあります。

その場合、保険料が高くなることもありますので、選ぶ場合は慎重に内容を確認しましよう。


見積もり比較のおすすめ

自動車保険の見直しには必須の「自動車保険一括見積もりサービス」を利用しましょう。

このサービスは、テレビCMでおなじみのダイレクト型自動車保険会社をはじめ複数の会社から、一括して見積もりがあっと言う間に取れて保険料の比較できるのでとても便利なのです。

「自動車保険一括見積もりサービス」

おすすめは、年間利用者が900万人を超える大手の「インズウェブ」(SBIホールディングス)です。

「インズウェブ」は保険代理店ではないので、特定の保険会社を勧めることはありません。

最短5分で最大20社の見積もりが可能で、一度に取り寄せられるのが便利です。各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比べて選ぶことができます。

見積もりのサービスはすべて無料です。

一括見積サービスは、保険料を見直すキッカケにもなります。

まとめ

車がないと車中泊も車旅もできませんが、さらに重要なものが自動車保険です。事故があってからでは遅いのです。とはいっても、要らない特約まで付いたフルスペックの自動車保険は高額になってしまいます。

自動車保険の見直しも重要なメンテの一つですから、たまにはどのような内容になっているか確認してみましょう。

以下に「ざいぶろ情報部」サイトのパパ家事が作った記事がありますので、参考に紹介します。

tabito(旅人)