Googleアドセンスのリンクユニット広告を掲載する方法

記事上や記事中、あるいは記事下にテキストが溶け込んでいるように広告を出す方法があります。Googleアドセンスの「テキストリンク広告」です。広告の掲載方法を紹介いたします。

リンクユニット広告とは?

Googleアドセンスの審査に合格して、最初に遭遇する気になる広告があります。下の様な広告です。記事の上、中、下あたりに表示される広告で、テキストがリンクされています。

「リンク広告」、「テキストリンク広告」などと呼ばれていますが、Googleアドセンスでは「リンクユニット広告」と表示しています。

特徴

このタイプを利用している人からは、クリックが増加したとの報告もあり、それなりの効果は期待できそうです。

ここに表示される罫で囲まれたテキストは、記事の内容と連動していたり、閲覧者の検索履歴から表示される効率の良い広告といえます。

但し、ワンクリックで収益には繋がりません。このテキストリンクをクリックしてから、さらにもう一つクリックして初めて収益になります。2度のクリックが必要となるのです。ミスクリックを防いだり、本当に興味のあり人だけが次に進むので精度は上がります。

また、ディスプレー広告(画像が出てくる広告)とは違い、テキストなので広告らしくないところが、読者にはやさしい表示方法であり違和感のない広告と言えます。

続いて設定に進みますが前提はGoogleアドセンスの審査に合格していることですので、ご注意下さい。

Googleアドセンスの管理画面とWordPressのプラグインの設定の2場面があります。


Googleアドセンスの管理画面の設定

では、Googleアドセンスの管理画面から「リンクユニット広告」の設定方法を順を追って説明します。

管理画面 > 広告 > 広告ユニット に進みます。以下の表示になりますので、マーカーで囲んだ「新しい広告ユニット」をクリックします。

以下の画面が表示されますので、「テキスト広告とディスプレイ広告」の下のマーカーで囲んだ「選択」をクリックします。

次の画面がでますので、今回作る広告ユニットに自分が後で分かる様に名前を付けます。マーカーの部分です。

例えば、記事の上に出す広告だから「リンク広告記事上」等とします。

次に「広告サイズ」は、「推奨」をクリックします。

プルダウンメニューから「リンク広告」をクリックして選択します。

次の画面になりますので、「レスポンシブリンク」を選択します。

次に「広告タイプ」をクリックすると、以下の画面になります。ここでデザインを決めるのですが、後からでも設定できるので「デフォルト」のままで進みます。

次に、一番下の「保存してコードを取得」をクリックします。

すると、広告コードが下の画面の様に表示されます。汚く塗りつぶしてありますが、その部分がコードです。これで、ブログに貼りつけるコードが出来上がりました。

次は、このコードをコピーしてブログに貼りつけます。プラグインを使って進めるのが簡単で、間違いがないです。


プラグインの設定

使うプラグインは 「WP QUADS」 です。ご覧の方はプラグインを追加できるレベルの方だと思いますので説明は省略します。「今すぐインストール」をクリックして有効にします。

プラグインの設定に進みます。「WP QUADS」の設定画面に進むと、タブが並んでいますので「ADS]をクリックします。Ad1~Ad10まで10個のコードが登録できます。

ここでは、Ad1に登録してみます。マーカーで囲んだところのタブ「Ad1」をクリックします。

キャプチャーが無くてすみませんが、Ad1を開くとコードを入力する場所がありますので、先ほど取得したコードを貼りつけます。

貼りつけるエリアの枠の上に「AdSense」と「Plain Text / HTML / JS 」という 2つの選択項目がありますので、「Plain Text / HTML / JS 」を選択します。

画面の下にスクロールすると以下の画面になります。Layoutはマーカーで囲んだところ(中央)を選択します。

「Margin」はデフォルトのままでOKです。広告の位置と記事の間が近すぎるときは、マージンを5~10px位にすると間隔がとれます。

最後に「変更を保存」をクリックしてGoogleアドセンスのコード設定を終わります。

次に、どこに広告を配置するかを設定します。

「GENERAL&POSITION」のタブをクリックすると下の画面になります。

マーカーで囲んだ部分で広告表示の位置を指定します。

上から3つあります。

「Assign (Ad )to Beginning of post」  ⇒ 記事の上

「Assign (Ad )to Middle of post」 ⇒ 記事中

「Assign (Ad )to End of post」 ⇒ 記事下

ここでは、記事の上を指定しましたので、「Assign (Ad )to Beginning of post」にチェック が入っています。


「Assign (Ad )to Beginning of post」にチェック が入りました。

ここまでで設定ができたので下までスクロールして、変更と保存をクリックして終了です。


表示確認

参考例ですが、下の様に表示されいればOKです。ここでは、設定後に罫の色を黒に変更しています。先ほどの設定ではブルーになっていますので、デザインにあわせて再設定をして下さい。

再設定は、Googleアドセンスの管理画面の「ユニット広告」から変更ができます。

不具合の修正

「ユニット広告」が表示されときに下の様に薄く背景にブルーの色が付いていたり、テーマによっては黄色い色が出る事もあります。

それは、テーマに依存している設定によります。以下のコードを「追加CSS]に貼りつければ解決しますのご確認下さい。バックを強制的に無色にするコードです。

下のコードは画像なのでコピペが出来ません。

WordPressの管理画面から追加CSSを選択して、コードを貼りつけます。

■この処理の方法はこちらの記事で紹介しています。>>>こちら

まとめ

Googleアドセンスの「リンクユニット広告」は効果が見込めると言われています。現在実際にブログに表示させて効果測定を行っています。

今後、どれ位も変化が出てくるのかを総合的に分析して時期がきましたら紹介していきます。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です