ブログトップページを固定ページから投稿ページに変更した時の影響について

開設後5週間目になるブログは、開設以来、トップページ(ホームページ)を固定ページにしていました。理由は、かつての静的なホームページのイメージを作りたかったからです。そのことによる検索結果への影響とは。

トップページに固定ページを使う問題点

トップページ(ホームページともいう)に固定ページを読み込むように設定すると、ブログの特徴である最新の記事を提供することができません。いつも変わらない静的なページが表示されます。

個別記事が検索結果に表示されない

その結果、個別記事が検索結果に表示されていないことが見えてきました。なぜ個別の記事が検索結果に表示されないのか。または、表視される様になるまで時間がかかるのかどうかわからない。それが問題でした。

個別の記事がインデックスされない

Googleサーチコンソールからインデックス状態を調べると、xmlインデックスはGoogleに送信されています。ブラウザーの検索画面から、「site:URL」と入力して自分のサイトの記事がインデックスされているかブラウザーから確認してみました。

すると、トップページと固定ページのURLしか表示されていません。これは、トップページに固定ページを設定した場合、固定ページはカテゴリーを持たないので、固定ページしかインデックスされないためでした。固定ページからクローラーが上位のカテゴリーページ等のリンクを辿れないためと思われます。

対策を講じる

ならば、固定ページに「新着記事」のリンクを設定して、固定ページのリンクから個別記事に飛ばしてクローラーにインデックスさせようとしました。

その結果。固定ページ「新着記事」そのものがインデックスされてしまいした。よって、個別の記事ではなく「新着記事」のくくりとして数ページ続きのひと固まりのページとしてインデックスされたのです。個別記事のインデックスにはなりませんでした。

固定ページから投稿ページに変更する。

トップページに新着記事が表示されるのを避けるため、固定ページにしていましたが、SEO上,固定ページをトップページにするのを諦めて投稿記事をトップページに変更することにしました。

2019年1月6日に変更しました。トップページの記事表示件数は10件とするデフォルトのままで変更しました。

内心、今までGoogleの検索の為に時間をかけて来たので、その積み重ねがリセットされることを覚悟で変更しました。変更は、ラジオボタンをクリックするだけで簡単です。この変更方法は、多くの記事で紹介されていますでの参考にしました。

サーチコンソールから「URLチェック」をリクエストする

トップページの変更後に、改めてGoogleのクローラーに変更を伝えてインデックスしてもらうため、Googleサーチコンソールの「URLチェック」からリクエストしました。

結果

個別記事のインデックスが開始されたことをGoogleサーチコンソールから確認しました。

記事タイトルで検索しても、表示されない

しかし、検索しても表示されません。そこで検索画面から、「site:URL」と入力して自分のサイトがインデックスされているかブラウザーから確認してみました。

トップページの他、固定ページと2件の記事が確認できました。実際にデータベース上には存在しているようです。その記事の「キャッシュ」を見てみると404エラーです。見当たらなのです。

キャッシュされるまで、時間がかかるのではないかと想定して待つことにしました。

日を追うごとに検索結果に表示されてきた

すると、日数を追うごとに徐々に7記事、12記事・・・とインデックスとキャッシュが進んで行きました。

トップページを固定ページから投稿ページに変更後、はやいのもでは3日前に書いた記事がすでにインデックスされていています。キャッシュは404エラーですが、これも日を追うごとに解消されています。

その後、徐々にインデックスされて検索結果に表示される件数が増えて行きました。1月18現在、直近の1月16日の記事もキャッシュされています。

順調にインデックスとデータベースへのキャッシュも進んでいて過去の記事にもクローラーが入り込んでほぼ検索で表示されるようになりました。

まとめ

まだサイトを立上げて7週目と若いので、順位はそこそこでなんともいえない状況です。

トップページを投稿ページに設定することは、Google検索エンジンへのインデックス上避けられないことでした。固定ページがカテゴリーを持たないという致命的な構造からです。

半面、トップページドメインと固定ページだけがインデックスされ続けていたことは、その後の変更に与えた影響がどれ位のものだったかは分かりません。

固定ページである程度評価を上げていたため、投稿ページへの変更が上手くいったような気もします。

この変更は明らかに投稿ページをトップページにする効果を実証したものと思われます。

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です