日本本土最南端!鹿児島の佐多岬

車旅で一度は訪れたい場所。それは日本本土の最南端「佐多岬」です。

2018年10月に、軽バンで到着しました。千葉県から下道で日本海側の福井県、京都府、島根県、鳥取県、山口県を通って九州に入り約2000㎞。

九州の下関から佐多岬までは、遠かった。
予想以上に道のりがあった。特に鹿児島空港を過ぎてから
鹿谷市を抜けて大浜海水浴場あたりから、佐多岬までさらに長かった。

途中、コンビニや道の駅がありホッとした。先端に近づくころ、南の方にとんがった正三角形のぼんやりとした山が見えてくる。

初めて見る山だ。なんていう山だろう?

この山、あの有名な開聞岳でした。みごとに三角形のきれいなシルエットです。晴れていたらもっときれいに見えたのですが、ぼんやりとした開聞岳も未知の香りがします。

佐多岬に近くなると、民家もなくなり山道になります。途中山の中腹に工場がみえてきます。それを通り越すと佐多岬へと進みます。

途中、ナビが最短距離を指示したため、だれも通らない急こう配の山道を走る事になりました。ギアをローにしても後輪が滑るほど急で細い道です。

現在使っているのかどうかわかりませんが、ホテルが建っていました。

その道をぬけると、本来の道路に出ました。

西日本・九州の旅で回ったところの地図です。全行程約3,740km。

それが何だったのか、いまだに分からないのです。でも、心に残っているのは目的を達成したという何かホッとする思い出です。

千葉県を出発して8日目に到着。長かったような短かったような・・・

日本本土の最南端と国道最高地点(国道292号)は制覇したな・・・

次は最北端、最東端、最西端を制覇かな

しかし、そんな記録はどこにも残らないから、せめてここに記録しています。

いつも思う。旅では一応目的地があるけど、着いてみると「着いたんだ~」と意外にさめている。

目的地までの道のりでは、わくわくしているのですが・・・

あとから思い出すのでは、途中の出来事だ。いろんな人に会って、いろいろ話して、いろんな体験をして、初めての土地の景色を見て・・・

「そこまで行ったんだな~ 」と思ってみたり、

もっと、いろんな所に行ってみたかった、美味しいものを食べて見たかった・・などと、帰ってしならくしてから思うのです。

なので、もう一度ゆっくり行きたくなります。

人生も到着地点に来たら、「着いたんだ~」位ですね。

どこが到着地点か、わかりません・・・
まさに、リタイアした時、やり遂げたと思ったのですが
そこまでは、助走期間みたいな感じです。

まだまだ、先がありました。

でも、そこからまた自分が主人公の新しい旅が始まりました。

今年2019年は、東日本から北海道へ向かいます。

西日本・九州の旅経費・ルートの記録は >>>こちら

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です