ブログの成長と【にほんブログ村】登録の影響について

ブログを開設してから4カ月目に入りました。3月から「にほんブログ村」に登録し、1カ月後の4月4日に手違いで登録をリセットしてしましました。どんな影響があったのかを報告したいと思います。

ブログの成長スピード

全くのゼロベースからレンタルサーバーと独自ドメインでスタートするブログの成長は、鍾乳洞が出来るくらいゆっくりです。

このグラフは開設した2018年12月1日~にほんブログ村登録前日の2019年3月7日までのものです。

開設した12月1日から1カ月間は、1日0~5人のユーザーがアクセスする程度です。じっと我慢の時で毎日記事を書いて投稿するのですが結果が殆どでません。つらいく我慢の期間です。

2月に入ると1日のユーザー数は、5~19人へと若干増えていきますが、日によっては0の時もあり一喜一憂してデータを毎日見守る日々が続きます。途中にはスパムの影響で突然90人のユーザーが出現したりと、様々な要素がでてきます。

2カ月後半からは、1日に20~30のユーザー数と増加してきます。開設から約3カ月目のことです。しかし変動も多く一けたに減ることもあります。延々と記事を書き続ける日々が続きます。

にほんブログ村に登録する

純粋にブログの成長過程のデータを収集していました。いろいろな記事を読むと、開設間もない期間は「にほんブログ村」なのどのまとめサイトに登録すると流入が増えて効果もあがると公表しているのも見受けられました。

どれほど変わるのかを見たくなりました。本来の趣旨から外れるのですが、経験も含めて登録することにしました。そして3月8日に登録しました。

↓の所が3月8日で「にほんブログ村」に登録した日です。その日を境に急激にユーザー数が増加していきます。

それまで1日に30前後でしたが、登録翌日から1日に80人~90人へと増加します。最高は1日118人がアクセスした日もあります。

この辺から、にほんブログ村からの流入数がGoogle、Yahooからの検索による流入の3倍前後となっていました。Googleによるorganicな検索による流入が「にほんブログ村」からの流入の陰になり見えなくなっていきました。

観察の目は「にほんブログ村」からの流入を含めた数字に注がれます。急増する数字がブログのパワーとして経過を観察するようになって行きました。

本来のブログの成長によるパワーは隠れ、ブログ村の流入で効果が上がったブログとして捉えるようになっていました。

当然それに伴い、Googleアドセンスの成果が上がります。収益は突然1桁上がる増加が続いていきます。もはやにほんブログ村のパワーのお陰様というようになっていたのです。

Googleのアルゴリズム変更

別の変化の要素として3月13日にコアアルゴリズムの大きな変更がありました。日本への影響は翌3月14日辺りから出始め、検索順位が大きく変化しました。このブログも影響を受け、検索順位が下がりアクセス数が3分の1まで急減しました。

にほんブログ村に登録していたのにもかかわらず、この様にアクセス数が激減したのです。SEO的ににほんブログ村からの流入やランキングに参加するためのアイコンの設置が影響したのかとも考えました。

ブログに検索から流入してきたユーザーが、にほんブログ村のアイコンをクリックすることでブログから離脱してしまい、内部回遊がなされないため評価が下がることも考えました。どの程度が離脱するのかは未確認です。

しかし、Googleアドセンスの収益には影響がでるどころか増加しているのです。なぜこんなにアクセスが減少したのに収益が増加するのかが分かりませんでした。

Googleアドセンスに異変が

4月1日に突然Googleアドセンスの自動広告の表示回数が激減し始めました。この数字は部外に出せないので説明だけです。通常は1ページが表示されると広告は3~5つ程表示されるのです。

しかし、観察すると1ページに対して広告は1~0.7とかなり激減しています。ページが検索され表示されても広告が1つかゼロという結果であるということです。そのため、収益は突然ゼロに急減した日が続きました。

にほんブログ村の登録を消してしまった

アクセスが減少したことによりブログへのトラフィックが減ったことと、にほんブログ村での急激な流入が新しいGoogleの新アルゴリズムになったことで影響を受けたのではないかと考えていました。

複数のブログを整理していましたところ、誤ってにほんブログ村に登録したブログの登録を解除してしましました。青くなりました。

一気にランキングから離れ圏外となってしまいました。その結果、にほんブログ村からの流入は一気に激減したのです。

あらためて見えてきたブログの成長

このミス操作の結果が、実はブログの本来の成長を確認できることになったのです。

にほんブログ村からの流入をゼロになると、ブログはGoogle、Yahoo、SNS<他のサイトからの検索流入がハッキリと見えてきました。

実はブログのアクセスが激減したと見えたのは、にほんブログ村からの流入だけの影響であり、ブログ本来のパワーは徐々にですが伸びていたのです。

徐々に成長するブログは「にほんブログ村」の大きな流入数に隠れてしまい、単に検索からの流入が減ったと勘違いしていたのでした。

ブログは成長していた

にほんブログ村の流入の陰で、ブログは徐々に成長していたのです。ちょうど雪の下の植物が雪が解けて地面が見えて来た時に芽を出して成長していたような感じです。

オーガニックな成長が実はブログの実際のパワーとなっていく事にな間違いないと思います。その間、ブースターロケットの様にある程度の硬度に達したらブースターを切り離し自力でほかの天体へ飛んでいく衛星の様な感じです。

まとめ

長期間にわたりブログをじっくりと育てるには、検索によるオーガニックな流入を時間をかけて育てることは重要だと思います。

にほんブログ村から一時的に流入が増えると実績もあがるので、立上げて日が浅い場合は効果があります。急激な流入がどの様にGoogleのアルゴリズムに評価されるのかは未確認です。

急激な流入に対してGoogleアナリティクスから異変のコメントがありました。急激な流入で約45%を占める事から、スパムとみなすのでしょうか。まだ未定です。


お客様のサイトでは、トラフィックの 45.35% が参照チャネルから来ています。下の表で「stravel.blogmura.com」の成果を、お客様の他のすべての参照ソースと比較してご確認ください。

Googleアナリティクス インサイトから引用

今後、長い目で成長過程を見守り、様々な角度からのデータを観察しながら、本当のブログの成長とはどんなパラメータが影響するのかを含めて記録していきたいと思います。

参考記事>>>こちら

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です