コスパ抜群・電源不要!キャンプで使える炭酸水メーカー

旅遊びとキャンプ
この記事は約3分で読めます。

キャンプと言えは、無くてはならないのが「飲み物」ですね。

そこで、みんなで楽しめるのが炭酸水!

そのまま飲んでもいいし、ハイボールなどを作って飲んでもいいですね。大自然のなかで飲むのはとってもおいしいです。

そこで、炭酸水が作れる炭酸水メーカーを紹介します。

普通、炭酸水メーカーは家庭用の電源が必要です。キャンプ場には100Vの家庭用電源がつかえるところもありますが、ちょっとお金がかかりますよね・・・

実は、電源が不要な炭酸水メーカーがあります。コスパも抜群なので、キャンプにはおすすめです!

スポンサーリンク

キャンプなら飲み物はおいしく!

普段の飲み物もおいしく感じるキャンプ!
普段の飲み物もおいしく感じるキャンプ!

大自然の中でのキャンプはとても気持ちがいいし、日常から離れてリフレッシュできますね。

食べ物も大事なのですが、キャンプと言えばおいしい飲み物も欲しくなります。

いつも缶ビールや缶酎ハイでは味気ないというもの・・・

キャンプ場でテントとタープを張ったら、ぜひその下で冷たい飲み物をつくりましょう。

ちょっとリッチな炭酸水で飲み物をつくる!

大自然のなかで飲むのはおいしい!
大自然のなかで飲むのはおいしい!

そこで、キャンプでは炭酸水を作って、特別な飲み物を作ればちょっと贅沢な雰囲気が味わえます。

それも、作りたての炭酸水でハイボールなどを作れば、受けること間違いなし!

山々を望みながら飲むハイボールのおいしさは、ハンパないです。

ハイボールのおいしい作り方

ハイボールの黄金比は、「ウイスキー1:炭酸水3」または「ウイスキー1:炭酸水4」です。

この比率で作ると、鼻に抜ける芳醇なウイスキーの香り、はじける炭酸にレモンのさわやかさが絶妙なハイボールに仕上がります。

多少ワイルドに作っても様になるのが、キャンプで作るハイボール!

そこで、使うのが「炭酸水メーカー」です。

それって、電気もいるし大きいし面倒じゃないの?

キャンプに向いている炭酸水メーカー?

実は、キャンプにとっても向いている炭酸水メーカーがあります。

理由は、電源不要でどこでも使えるからです。これはキャンプにとって必須の条件となります。

その上、バックに入るコンパクトな作りなので軽いしジャマになりません。

つまり、キャンプやアウトドアにはピッタリなのです。

それは「炭酸水メーカー:e-soda(イーソーダ)」と言います。

コスパが抜群!炭酸水500mlあたり18円

e-soda(イーソーダ)のコスパがどれくらいかPRしますね!

炭酸水はペットボトルだと、500mlで100円前後はしますよね。激安スーパーでも1本30円はします。

それが、なんと500mlあたり18円。コスパがハンパないのです!

キャンプでの演出にも脚光をあびる!

ひと手間かけて火をおこす
ひと手間かけて火をおこす

その場で炭酸水を作るという「ひと手間」が、キャンプでは脚光を浴び思い出に残るのです!

例えば、火をおこすなら簡単にガスバーナーを使えば手間はかかりません。

しかし、キャンプではひと手間かけて火を起こして使うところに、面白みが溢れているのです。

なので、飲み物も炭酸水メーカーをひとつバックに入れて持っていけば、みんなで楽しめます。

この機会に、ぜひ「e-soda」をチェックしてみてくださいね!

■こちらから購入できます。 ➡ e-soda(イーソーダ)

まとめ

キャンプをワンランクアップして楽しめるのが「炭酸水メーカー」です。

ひとつ持っていれば、自宅はもちろんアウトドアやキャンプで大活躍します。

おいしい飲み物が作れるので、おすすめします。

タイトルとURLをコピーしました