バレンタインデーのプレゼント代【2019】平均予算はいくらか?

そもそも、バレンタインデーとはどんな日だったのか?調べてみました?

ローマ帝国時代の悲劇が・・・

その昔、ローマ帝国時代の2月14日女神ユーノーの祝日でした。

女神ユーノーはすべての神々の女王でもあり、家庭と結婚の神でもありました。翌日の2月15日からは、豊年をお祈りするルペルカリア祭が始まります。

ルペルカリア祭の前日2月14日に、若い女性たちは自分の名前を書いた紙を桶の中に入れます。翌日のお祭りで男たちは、その桶から紙を取ります。

その紙を引いた男と紙にかかれた女性は、一緒に祭りの間過ごすことができるのです、その後、二人は恋に落ちて結婚するのです。

そんな風習の中でも、ローマ帝国では戦争が絶えませんでした。時の皇帝クラウディウス2世は命令を出したのです。

戦争に行くとき、故郷に愛する人を残していくとその思いが忘れられず、戦意が落ちて負けてしまう。なので、結婚を禁止したのです。

そんな中で、キリスト教の司祭だったヴァレンティヌス(バレンタイン)は密かに結婚式をしてあげていました。

ヴァレンティヌス司祭の処刑の日

それがクラウディウス2世にばれて怒りを買いますが、頑としてやめませんでした。クラウディウス2世は、ついにヴァレンティヌス(バレンタイン)司祭を処刑することにしたのです。

その日をルペルカリア祭の前日のユーノーの祭日2月14日に決めて、公開処刑としたのでした。そこから、この日を恋人たちの日として祝日にしたのです。

なんと、ヴァレンティヌス(バレンタイン)司祭が公開処刑された日だったのです。

日本ではいつから?

1970年代も終わるころに日本では「女性が好きな男性にプレゼントする日」として定着し始めました。

様々ないわれがあります。最も有望な説は、次のようです。


原邦生が行ったとされるイベントは昭和33年であるのに対し、神戸のモロゾフ製菓が20年以上前の昭和11年2月12日に外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告を既に掲載しており、モロゾフ製菓がバレンタインチョコを最初に考案した仕掛け人であるとされる説が最有力である。
そして日本チョコレート・ココア協会によると、1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られており、その理由は、神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからとの事である。

引用一部抜粋:Wikipedia

日本独自のバレンタインデーとなる

なぜ広まったのかを様々な資料を読んでみた。ますます分からなくなってきた。

1970年代はオイルショックでもあり企業は商品を売るための様々なマーケティングを行った結果、売れ始めたとの記録もあり、一方で小学生から高校生までの若い世代が火付け役になっているともいわれています。

1973年高校生だったころ、机の中に手紙付きのチョコレートが入っていた記憶が蘇ってきました。

はじめてのことで、隣に籍のあった同じくモテない友人と2人で真に受けて大喜びしていると、まわりから「クスクス」と笑い声が・・・

実はモテない男達にクラスの女生徒達の実験で「どうなるかためしに送ってみるか!」と遊ばれてしまったのです。いい思い出です。そのころの記憶はハッキリしていて、確かに行われていいました。

2019年、その相場は・・・・・

楽天インサイトの調査が発表されています。


■パートナーへ:1,983円
■配偶者以外の家族:1,453円

■義理チョコ:1,117円
■女性の友人:1,058円

女性で贈る予定のある人は56.5%、30才代がもっと多く76.1%でした。

参考:楽天インサイト

まとめ

男性でバレンタインにチョコのプレゼントを最も期待しているのは30代の男性と調査では出ていました。やはり嬉しいものです。

義理でも・・・

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です