Google【コアアルゴリズムのアップデート】による大規模順位変動について

(追記:2019年4月20日 末尾)

3月中旬に入りGoogleで検索結果やアクセス数に大きな変動が出てきました。その原因はGoogleのアルゴリズムのアップデートによるものと推定します。

Googleのコアアルゴリズム・アップデート

2019年3月12日以降、Googleから公式に「コアアルゴリズムのアップデート」が実施されたと発表がありました。

「コアアルゴリズムアップデート」とは年に数回実施されており、検索アルゴリズムの根幹をなす部分(コア)を大きく見直し、その内容を更新することにあります。

実施されたコアアルゴリズムアップデートは、2018年8月1日に実施されたものと同規模の大きなアップデートで、最大級の順位変動が起こってます。

今回は2019年の最初のアップデートで日本で影響が出たのは2019年3月14日になります。

Google サーチランキング アルゴリズム アップデート >>>こちら

影響について

コアアルゴリズムのアップデートで検索アルゴリズムが大きく更新されるので、検索における順位の変動も大変大きく、数日に及ぶ順位変動が続きます。

その影響としては、今までの順位が下落するサイトが多く見受けられるようです。特に検索クエリと関連性が低いコンテンツ(記事内容)等はキーワード順位が下落しています。

対策について

基本的にはドメインパワーを高めることが重要となります。ポイントは定番でもありますが、ユーザビリティ―をメインに信頼できるサイトを構築することです。

自分のブログへの影響

検索順位が3月14日以降徐々に降下を開始して、33位⇒82位まで下がっている。

検索順位が下がると同時にアクセス数が減少に転じている。下のグラフは無料ブログでのアクセス数の減少傾向です。3月14日以降から減少が大きくなっています。

有料ブログでも同様の現象が起きています。アクセス数は3月14日辺りから変動が大きくなり急激に減少しています。

Googleアドセンスへの影響

有料ブログではGoogleアドセンスを導入しています。

しかしコアアルゴリズムアップデート以降に見積もり収益が毎日発生するようになり、3月24日以降は過去最高を記録しています。

なにがおきているのでしょうか。

ログを見ると、アクセス数が半減しているのですが逆にクリック数が増加しており、ページCRTは0.3%前後から0.8%前後なってきました。

3月下中は、過去の記事のメンテナンスを行ったことが効果を上げていると思います。

まとめ

コアアルゴリズムのアップデートがあっても、信頼性の高いサイトでは同じキーワードでも順位を上げていることが報告されています。

ユーザビリティー、ユーザーがどの様に検索したいのか、記事の信頼性をどう担保するのか、Googleのクローラビリティ等をしっかりと踏まえたサイトを構築しているかどうかを判断するように進化しています。

今後の推移を見ていきたいと思います。

追記:2019年4月20日

4月に入り、Googleのアルゴリズム変更、インデックスの削除等があり、大変動がありました。関連記事を追記します。
関連記事>>>こちら

tabito(旅人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です